• アイデア募集

店舗における数値データを基にしたレポート(現状動向+販売予測+現場環境の最適化)文章例のアイデアを募集します!

1,080

募集期間
3日
4人応募中
公開日
2019-09-08
提供元
クラウドワークス

仕事の詳細

店舗における数値データ(日付、気象、時間、温度、入店率、顧客の店内動線、有効滞在時間、商品接触回数、その他複数項目あり)からなる「基本情報」(添付)を基に、以下の5項目に関して、文章化し、レポートにしたいと考えています。




特に店舗来店者の「気付き」や「潜在意識」の可視化を行うことで、販促戦略と現場管理の効率化+最適化を図ることを検討しています。



1, 来店者の購買行動に関する分析結果
2, 来店者と店内環境に関する分析結果
3, 来店者と現場スタッフの接触に関する分析結果
4, 現場スタッフの動向と管理に関する分析結果
5, 上記の各項目に関する予測分析と最適化提案

上記のような5項目を想定しているのですが、レポート策定時の具体的な分析結果の文章が思い描けずにいます。

「基本情報他」(添付)の「①基本情報」の各項目を組み合わせながら、以下のレポート文章例のような文章をお願いします。
あくまでも例なので、文章の数はいくつでも結構です。(多く頂ければ嬉しいですが・・・)

-------------------------
レポート策定時の文章例


主旨
数値データやグラフなどの技術的統計は、現場スタッフには理解し難いことから、数値データやグラフに隠れた気付きや潜在意識を文章化することで可視化する。


■店舗レベルでの顧客プロファイリング
予測:顧客の60%は現場スタッフとやり取りした後で、その製品を購入した。
洞察:65%の顧客は服を試着した後で購入した。

■POSデータに基づいて収益分析
予測:次月の収益予想、前月に基づく予想を行う。
洞察:入店者数の60%が製品を試した際の収益が20%増加した。


■POSデータ、天気情報、入店者数に基づいて収益の予測
予測:前月に基づく次月の収益予想を行う。
洞察:雨が降っていたときの収益が5%減少した。


■潜在顧客の予測(日/週/月)
予測:明日の顧客が、昨日と比較して10%増える予想をした。
洞察:潜在顧客が10%増加する際は、収益が5%増加した。


■現場スタッフ管理の最適化
店舗レベルでの労働時間と売上に基づいてスタッフの効率分析
予測:スタッフが勤務中に90%活動中では、収益が増加に10%する。
洞察:勤務シフト中35%の時間はスタッフは接客はしない。


■現場スタッフ管理の最適化
スタッフレベルの労働時間と売り上げに基づいてスタッフの効率分析
洞察:スタッフ60%が10時~20時まで働いた場合、90%の顧客と接客した際、その日の80%の収益がある。

-------------------------------------------

回答頂く際に、例として、以下のように3点セットでお願い致します。

1, 参考にした基本情報:日付、時間、温度、顧客の店内動線、商品接触回数 ※添付の「基本情報他」の「①基本情報」を参照
2, 予測:・・・・(文章)・・・・・・・・
3, 洞察:・・・・(文章)・・・・・・・・

ご不明な点がありましたらご連絡願います。

以上どうぞ宜しくお願い致します。











仕事番号
P001259944
仕事番号
P001259944