在宅で副業を始めるならコレ!【副業8選】おすすめする理由とメリット・デメリット

在宅での副業選びに悩んでいませんか? スマホだけで簡単にできるお仕事から、持っているスキルを活かした高単価なお仕事まで、さまざまな副業があります。まずは簡単な副業から始めて徐々にスキルアップしていきましょう。そうすれば副業で月数万円程度なら、スキマ時間を使って稼ぐことができるかもしれません。今回は、在宅でできる副業のなかから初心者の方におすすめのお仕事をピックアップしてご紹介します。時間の浪費を抑え収入に変えれば一石二鳥! 今日から副業を始めてみましょう。

在宅でできる副業のメリット・デメリットって?

在宅でできる副業に興味はあっても、本当に稼げるのか不安に感じることもあるでしょう。メリット・デメリットそれぞれを整理し、デメリットを上回るメリットがあるか、デメリットをメリットに変えられるかなどを確認しましょう。

●在宅でできる副業のメリット

自分でお仕事を選べるのが最大のメリットです。自分の特技や得意な分野の経験を活かせれば、やりがいをダイレクトに感じられるお仕事や高単価なお仕事もあります。家を空けられない方も働く場所や時間に縛られることなくできるので、スキマ時間の有効活用や収入が増えて精神的・経済的に余裕がうまれます。

●在宅でできる副業のデメリット

ライフスタイルに合わせた自由な働き方ができる反面、全て一人でこなさなければならないのがデメリットとして挙げられます。収入は案件しだいで増減するので、安定した収入を得るには努力を必要とします。時間管理や体調管理を怠ると納期に間に合わないなどのトラブルが発生する可能性もあり、何よりも責任感が求められます。しかし、これらのデメリットも慣れていくに従って自由にコントロールできる力になっていくでしょう。

●自由度が高い分、今からでも始められていつでもやめられる

登録と応募を数分で終えたら、今すぐに始められるお仕事もあります。一度やってみて合わないと思ったら他のお仕事を試したり次の仕事に応募しなければそこでやめられるので、まずは試しにやってみましょう。そして、メリット・デメリットを把握して得られるメリットの方が高いと感じられたら、自分の可能性を広げる副業にチャレンジしてみましょう。

在宅でできる副業には何がある? おすすめのお仕事とその内容は?

メリット・デメリットを知って副業を始めたいと思っても、何から始めればいいのかわからないと次の不安が生まれますね。ここでは初心者でも始めやすく在宅でできるおすすめの副業と、その仕事内容をお伝えします。

●在宅でできる主な副業と仕事内容を紹介

本業があり、生活の基盤を脅かすことなくできる副業は、楽しみながら長続きできるものを選ぶことがコツです。また、在宅でできる副業を扱うネット上のサービスやサイトは多岐に渡り、簡単なプロフィール登録だけで始められるものも多くあります。最初から個人で仕事を受注するのは契約トラブルや報酬未払いなどのリスクを伴うため、クラウドソーシング事業者などに登録して行うことをおすすめします。

【スマホワーク】

スマホだけで完結できるお仕事があります。主に以下のような種類があります。難易度が低く気軽に始められる反面、得られる報酬も数ポイントや1円・100円といった低額からなので、仕事に取り組める時間に応じて組み合わせると良いでしょう。

*「アンケート」は、アプリ・商品・サービス・ライフスタイル・イベントなどに関する質問に答えるだけのお仕事です。
*「データ入力」は、表示される画像に当てはまる項目をチェックしたり画像の内容を入力するタイピングジョブなどのお仕事があります。
*「記事制作」は、体験談や口コミ・レビューなど150字程度の簡単な文章作成のお仕事からチャレンジすることができます。
*「商品モニター」は、通販で取り寄せた商品を実際使って試し、チェック項目に従って感想や意見を伝えるお仕事です。

【ポイントサイト】

キャッシュレス決済の導入・普及によりスタンダート化したポイ活。「2019年サラリーマンのお小遣い調査:新生銀行」によると、副収入がある男性会社員の22.3%の収入源は、「ポイント・アンケートサイト」で58.1%と最多です。ミニゲームやアンケートなどでポイントを獲得しながら貯めていき、ネットやコンビニなどあらゆるサービスや商品購入に使うことができます。

【ハンドメイド商品のネット販売】

雑貨やファッション・アクセサリーなど、オークションサイトやネットショップに出品することで販売利益を得ることができます。人気作家になれば顧客がついたり、軌道のれば本格的に起業することも夢ではありません。

●在宅の副業で稼げるランキングTOP5

気軽に取り組める副業で慣れてきたら、稼げる副業を目指してみましょう。ここで紹介するランキングは、dジョブ編集部が独断でおすすめする在宅でできて稼げる副業です。しっかり時間を取れるようになったら仕事の幅が広がりますよ。

1ブログ・アフィリエイト(難易度☆☆ 期待できる収入☆☆☆ 情報発信が好きな人向き)
誰でも簡単に初期費用ほぼゼロで始められる。ニーズにマッチしたネタさえあれば大きく稼げる。

2スキル・技術を販売(難易度☆ 期待できる収入☆☆ コミュ力の高い人向き)
イラストやデザインなど、特技やスキルを売買するサービスに登録。今ある自分のスペックを棚卸し。

3動画編集(難易度☆☆ 期待できる収入☆☆ 単純作業を好む人向き)
YouTubeなどでニーズ拡大。動画編集ソフトを使えればリスクなし在庫なしで始められる。

4Webライター(難易度 期待できる収入☆☆ 文章を書くのが得意な人向き)
口コミやレビューなどスキル不要なものから専門分野の知見を求められるものまで、案件豊富。

5クラウドワーカー(難易度 期待できる収入☆☆ 副業が初めての人向き)
データ入力や資料作成など簡単な事務作業から専門性の高いものまで多種多様な仕事がある。

●スキマ時間でできるおすすめの副業は?

在宅でできる副業はたくさんありますが、スキマ時間におすすめなのはアンケートやタイピングジョブ、商品モニターなどです。これらをおすすめする理由は、数分程度の時間さえあればスマホひとつでできるところ。気負うことなく始められて難易度が低く、自分の都合に合わせて取り組めます。

副業を始めるなら知っておきたい!【会社との兼ね合いや確定申告】

副業は会社で禁止されていたらNG? 答えは「その方法しだい」です。治験ボランティアや資産運用など副業には該当せず副収入を得る方法もあります。ここでは、勤務先との兼ね合いや確定申告についてお伝えします。

●年間20万円以上収益が出たら確定申告が必要

確定申告が必要になるのは、年間20万円以上の収益があった場合です。収益がそれ以下の場合は申告の必要がないので、最初は年間20万円の収益を目標に副業を始めてみることをおすすめします。「収益=所得」は「売上-経費」で算出されるので、支払った経費の領収書は必ず保管し収入と支出の記録をとっておきましょう。

会社に副業は報告する? 気を付けたいこと

会社には就業規則の設置が義務づけられており、副業に関する事項が記載されています。政府による副業推進の流れで副業を解禁する企業や会社も増えていますので、まずは就業規則を確認しルールに従って申請などの必要な手続きを済ませましょう。もし会社に黙って副業することで年間20万円以上の収益が発生した場合、住民税の徴収方法により納付額から会社にわかってしまうことがあります。無用なトラブルを避けるため、確実に副業の許可をとっておきましょう。

●副業は黙々としっかりやるのがおすすめ

会社で副業が許可されていて申請など必要な手続きが済んでいても、報告するのは関係部署や直属の上司だけに留めるのが無難です。同僚などに口外することで想定外のストレスを抱え込むことも考えられます。また、口外していなくてもSNSなどで名前や画像を出して知られてしまうこともあるので、充分注意しましょう。

在宅でできる副業で、お小遣い稼ぎだけじゃなくスキルも向上させよう

在宅でできる副業について紹介してきました。スキマ時間を有効活用すれば、月数万円の収入を得ることも夢ではありません。さらに、まとまった時間が取れれば、単価が高いお仕事もこなせるようになるでしょう。コツコツと継続していけば着実にスキルもあがるので、徐々に単価もあがっていきます。そうすれば、いずれ確定申告が必要になる位の収入になることも期待できます。まずは、年間20万円を目標に簡単な仕事内容の副業から始めてみてはいかがでしょうか。