おすすめの単発バイト16選|短期で働けてお得なお仕事とは?

お役立ち記事一覧へ戻る

おすすめの単発バイト16選|短期で働けてお得なお仕事とは?

単発バイトと言うと、短期間でしっかり稼ぐイメージがありますね。例えば夏ならお盆やお中元、冬ならクリスマスやお正月といったイベントシーズンに人手が不足します。こんな時は短期間で単発のバイトを募集するところが増えます。

お金がすぐ必要だ、休みの間にまとまったお金を作りたい、長期より短期で集中してバイトしたいという方必見!単発バイトのおすすめ16選をご紹介します。季節に関係なく通年で募集している仕事もありますので、是非参考にしてください。

「単発バイトの基礎知識」

単発バイトや短期バイトという呼び方で募集されているアルバイトがあります。この2つはどちらも似たような意味ですが、一般的に短期バイトはリゾート地の飲食店やビアガーデンのような1か所で、期間限定で数日から数週間、数か月間働く場合を指すことが多いようです。

一方で単発バイトと呼ぶ場合は、繁忙期の店舗や工場での軽作業、イベントスタッフといった1日から数日で終わる仕事を指すようです(後で詳しくご紹介します)。

●単発バイトとは?
単発バイトとは、先程もお伝えしたように1日から数日間働くアルバイトのことです。ただし短期バイトも区別されて使われていないので、数週間程度の期間でも単発バイトと呼んでいます。要は短期間の契約に基づいて働くアルバイトのことです。

この単発バイトには大きく分けると2種類あります。一つは募集している会社と直接契約を結ぶ場合と、もう一つは派遣会社と契約を結ぶ場合です。
前者は雇用主と直接契約を結び、後者は雇用主と労働契約を結んだ会社(いわゆる派遣元)と契約を結びます。この場合の直接の雇用主は派遣会社になります。

労働法では日雇いという言い方もありますが、これは「日々または30日以内の短期」の就労のことで、派遣労働法では日雇いの派遣を原則禁止しています。しかし例外に該当する方なら短期の派遣労働でも働くことが可能です。この例外は60歳以上の方か雇用保険の適用を受けない学生、もしくは年収500万以上の方、世帯収入が500万以上で主たる生計者でない方を指します。

●単発バイトのメリット
単発バイトにはどんなメリットがあるのでしょうか。
まず単発という短期間で契約を結ぶので、自分のスケジュールに合わせて気軽に仕事をすることができるということが挙げられます。スキマ時間を使って収入を得られるのも良いところです。

またその日のうちにアルバイト代を支給する、即日払いの会社もあります。このような単発バイトなら、急に現金が必要になった場合でも便利ですね。学生の方なら色々なアルバイトをして幅広い職業経験を積むことも可能です。単発バイトは、社会に出る前の勉強の場としても有意義といえます。

さっそく短期・単発バイトの求人を探してみる!

「気軽に始められる単発バイト7選」

単発バイトは気軽に始められるのが良いところです。そこでここでは色々なタイプの単発バイトをご紹介します。いずれも、あまり高度な知識や経験を問われることはありません。気軽にチャレンジしてみましょう。

●イベントスタッフ
イベントスタッフは、ライブやコンサート・イベント会場の設営や運営をする仕事です。業務としては会場設営や、受付、お客様の誘導、舞台セット設置、チケットもぎり、グッズ販売、出演者への食事の配膳など、イベント進行に関係する様々な業務を行います。業務は1種類から複数の場合もあり、イベントの種類も音楽系からスポーツ、企業イベント・博覧会まで様々なものがあります。

●チラシ、試供品の配布
通行人にチラシやティッシュ配りをしている風景は、駅前や商店街の一角、デパートの周囲などで見かけたことがあるでしょう。場所は自由に選んで良いという訳ではなく、指定されています。たまに新しい化粧品の試供品やお菓子類を配布するサンプリングの仕事もあります。

●アプリの動作チェック
アプリの動作チェックという単発バイトもあります。これは公開前のアプリを実際に操作して、プログラム上のミスがないかどうかをチェックする仕事です。同じ動作で不具合が出ないか、画面におかしな表示が出ないか、依頼主のチェックシートに従って作業を行います。この仕事は公開前のアプリをチェックできるので、アプリやゲームに興味がある人にはもってこいです。ただし細かい作業なので、根気が必要になります。

●試験監督
試験監督は、受験会場での受験者人数の確認、問題・解答用紙の配布や回収、注意事項の告知、不正監視などをします。この仕事も特別なスキルは必要なく、運営側が用意したマニュアルに沿って行います。注意点として、服装がカジュアル過ぎたり、派手だったりしてはいけません。また金髪なども採用されないことがあります。基本的にはオフィスカジュアル系かスーツなどが良いでしょう。

●試食案内
試食案内は、スーパー、デパートなどのお惣菜売り場や食品コーナーでお客様に実演販売しながら、試食・試飲してもらう仕事です。試食案内の大きな目的は、お客様に商品の購入を促すことです。そのためには事前に研修を受けて、商品の知識や調理方法を学びます。未経験でもこの研修を受けることで、安心して始めることが可能です。食品を扱うので、研修時には衛生面の知識も身につけることができます。

●軽作業スタッフ
軽作業スタッフは、工場や倉庫などで商品の検品や梱包、仕分け、ピッキング、シール貼りといった軽作業を行います。このように業務内容が幅広いので、求人募集で「軽作業」と探すとかなりの数がヒットします。また、扱う商品や作業も現場によってはかなり異なりますが、作業自体は難しくないものがほとんどです。そのため、未経験者でも気軽に始めることができます。

●店舗モニター
店舗モニターとは、お客様に扮したモニターが対象店舗を利用し、その報告書を作成する仕事です。覆面調査なので、対象店舗はいつ調査されたかわかりません。だからこそ、自分の店舗の強みや弱みに気づき、より良い店舗運営や経営に役立てることができます。モニターはあらかじめ定められた調査項目に従って報告します。専門的知識ではなく、一般の顧客の立場になって調査するので未経験者でも可能です。

さっそく短期・単発バイトの求人を探してみる!

「季節限定の単発バイト9選」

単発バイトの中でも季節限定のバイトがあります。夏ならプールスタッフ・ビアガーデンのホールスタッフ・配送仕分け・リゾートバイト等、季節限定のバイトには様々なものがあります。意外と知られていない単発バイトもあるので、是非一度ご覧ください。

●プールスタッフ
プールスタッフはよく監視員という形で仕事を募集していることがあります。未経験でもできるところがありますが、監視員はプールを利用してもらう人が安全で衛生的に過ごせるよう、管理しなければなりません。スタッフの仕事はプールサイドでの利用者の監視だけでなく、更衣室やプールサイドの清掃、備品点検、水温水質チェック、落とし物のチェックなどもあります。

●ビアガーデンのホールスタッフ
7月から9月ごろは、海の家やホテル、オフィス街の屋上にあるビアガーデンのホールスタッフの募集があります。季節限定ですが、居酒屋とは違う雰囲気の中で働くことができます。学生さんにも人気の短期バイトで、友人同士で応募される方や初めてバイトするという方も多いです。近年ビアガーデンは人気があり忙しいため、時給も高めに設定されている場合が多いようです。ホールスタッフは、ドリンクや料理の提供、開いたグラスや食器の片付け、テーブルの片づけとセッティング等が主な仕事になります。

●スタジアムでのビールの売り子
野球やサッカーのスタジアムでビールを売るバイトを売り子と言います。専用のビールサーバーを担いで、お客さんに依頼されたらその場で紙カップにビールを注ぐお仕事です。実働は3時間程度ですが、日給も高めで、お弁当やおやつが出るところもあります。歩合給を採り入れているところもあり、上手な人ならかなりの量を販売してお給料アップも可能です。人気がありすぐ埋まってしまうこともあるので、早めにチェックしてみてください。

●お中元、お歳暮の仕分けスタッフ
お中元、お歳暮の時期になると配送センターでは仕分けスタッフを募集することがあります。大元の配送センターよりも、支店での仕分けで求人を募集することが多いようです。その地域のお中元やお歳暮を配送場所などによって仕分けるシンプルな仕事ですが、荷物の大きさが違うということもあり、流れ作業をこなしながらコツを掴む必要があります。そのため、この時期なら必ずこの仕分け作業のバイトをするという方もいます。

●屋台の店員
お祭りやイベントに出店する屋台の店員の単発バイトが募集されることがあります。最初は多少教わりながら仕事を始める人が多いようです。また、過去に飲食店で働いていたという人は屋台の単発バイトで優遇されることもあります。

●リゾートバイトスタッフ
日本各地のリゾート地は、夏季・冬季のシーズンは旅行客でにぎわいます。そのため、ハイシーズンになると必ずアルバイトを募集しています。例えばリゾートでの土産物屋、リゾート施設のメンテナンス、レストランの給仕など、色々なタイプがあります。中には宿泊施設込み、食事付きでの募集というケースもあります。

●クリスマス商品の販売員
クリスマス商品が売れるクリスマス商戦の時期に、単発バイトを募集して販売スタッフを増員するところは多いです。人気の仕事としては、クリスマス用ギフトやクリスマスケーキ、おもちゃやゲームなどの販売です。ケーキやおもちゃが好きな人なら、楽しんで行える仕事でしょう。また募集時期がクリスマスなので、何かと出費の多い年末に備えてお金を貯めることもできます。

●年賀はがきの配達員
年末年始は必ず郵便配達のバイトを募集しています。実はこのバイトも毎年募集されていますが、単発と言っても、毎年行っていれば住所や番地は覚えられるので、何年も行っている人には割りの良いバイトになる可能性があります。5日程度の配達の仕事で3万円~4万円ほどの給与が貰えます。土地勘のある地元で配達ができる方のほうが効率的にお仕事できます。

●巫女
巫女バイトは、白衣(はくえ)、緋袴(ひばかま)といった巫女装束を身に着けて、神社の参拝客に対してお守りやお札などを販売する仕事です。これは女性だけが行える仕事で、年末からお正月といった短期のバイトが多いようです。またバイトと呼ばずに「助勤(じょきん)」「助務(じょむ)」と呼ぶのも業界ならではです。
また大晦日から元旦にかけてのバイトは深夜にあたるため、18歳以上でないと応募できない場合もありますのでご注意ください。

さっそく短期・単発バイトの求人を探してみる!

「単発バイトを始める時のポイントは?」

単発バイトを始める場合はいくつかのポイントに従って始めてみましょう。下記に、単発バイトを選ぶ目安を挙げてみました。これから単発バイトを始める方は参考にしてみてください。

●登録制かどうかを確認する
単発バイトでも、派遣型の場合は派遣会社に登録する必要があります。登録制はすぐ仕事が始められそうなイメージですが、すぐに働けるとは限りません。派遣会社では、顧客企業からの要求によってあらかじめ募集する人数が決まっているところもあります。そのような場合は、人が足りなくなった時に求人募集をします。また、具体的な勤務日を記載しているかどうかも確認しておくポイントです。

●勤務期間をチェックする
短期バイトだと思って契約したら、実は長い期間の求人募集だった、ということもあります。短期バイトをするなら、しっかりと期間が限定されているかどうかを確認しておきましょう。会社によっては、同じ仕事でも長期バイトと一緒に併記されていることもあります。不明な点は事前にしっかり担当者に問い合わせておきましょう。

●給与の支払い形態を確かめる
短期バイトの給与の支払いには色々なタイプがあるので、事前によく確認したほうが良いでしょう。例えば日払い・後日振込・翌日以降事業所で手渡しなどです。特に注意したいのが、「日雇い」と「日払い」です。日払いはその日に給料が払われるのですが、日雇いは後日支給されます。日雇いと言うと1日単位で雇用されることを意味しますが、必ずしも日払いとは限らず、給与が支払われるタイミングはその会社によって異なります。また、日払いと記載していても翌日や翌週に支払われるというケースもあるので、その日のうちに給与を貰いたいなら「即日払い」と書かれているところを選びましょう。

●待遇をチェックする
単発バイトだからと言って、待遇をチェックし忘れないようにしましょう。むしろ単発バイトだからこそ、事前にしっかり確認すべき事柄です。例えば交通費が全額支給されるのか、拘束が長い場合は食事の支給があるのか、制服や道具などの貸与があるか、といったところです。

●日払いや週払いでも税金は引かれる
単発のバイトでスキマに仕事をした場合でも、年間所得が20万円を超えた場合は所得税を納める必要があります。また単発バイトの場合でも、あらかじめ源泉徴収によって所得税を引いた金額が手渡しされる・振り込まれるという会社がほとんどです。引かれていない場合は自分で確定申告を行います。

さっそく短期・単発バイトの求人を探してみる!

「単発バイトは自分のスキマ時間にいつでも可能な仕事」

単発バイトは、いつでも自分のスキマ時間に始められるのが良いところです。しかも初心者でも挑戦できる仕事が多いのも魅力的な部分ですね。急に現金が必要になった、お金を少しでも貯めて自己投資に使いたい、旅行に行きたいなど、人によってお金を稼ぎたい理由は色々あります。そんな時は自分ができそうな単発バイトを始めてみましょう。お仕事によっては、視野が広がるといったメリットも得られることがあるでしょう。
期間が短いので、どんな仕事も気兼ねなく挑戦することができますよ。まずは自分でもできそうな単発バイトや、やってみたい仕事から探してみましょう。

【1日からでも働ける!】
効率よく稼ぐ!「短期・単発」の求人

詳しくはこちらから

【毎日が給料日♪】
今すぐ稼ぐ!「日払い・週払い」の求人

詳しくはこちらから

【楽しく稼ぐ!】
音楽やスポーツが好きな人におすすめ♪「インベントスタッフ」の求人

詳しくはこちらから