スキマ時間を、もっとカシコく。スキマ時間を、もっとカシコく。

安心のサポート体制!スキマ時間で働ける、家事代行サービスの仕事内容

あまり今のライフスタイルに負担をかけずに、無理なく収入を得られる方法をお探しですか? それなら、「この日の2~3時間だけ」といったスキマ時間を使って働ける「家事代行サービス」の仕事がおすすめです。必要なのは一般的な家事スキル。研修制度が充実している会社も多いので、初心者でも挑戦しやすい仕事です。「物を壊しちゃったら?」などの万が一の不安があっても、サポート体制が整っているから安心です。この記事を読んだら次のステップへ! さっそく「家事代行サービス」の仕事をさがしてみましょう!

魅力がたくさん! 家事代行サービス、仕事の内訳

家事代行サービスの仕事は、一般的な家事スキルがあれば初心者も始めやすいのが魅力で、あなたのスキルが活かせます。「興味はあるけど、自分にできるか心配」という人のために、仕事内容を詳しくご紹介します。

●家事代行サービスの仕事内容

依頼主宅にて、家事を行う代行サービス業務。日常生活範囲の幅広い家事を引き受けます。

・水まわりの掃除(キッチン・トイレ・お風呂場・洗面所)

・部屋の片付けや掃除(掃除機がけ・雑巾がけ・窓ふきなど)

・料理

・食器洗い

・外まわり掃除(バルコニー清掃・庭の掃除)

・洗濯関連(洗濯・アイロンがけ・たたみもの)

・買い物(日用品や食料品など)

・その他(整理整頓・郵便物やクリーニングの受け取り・靴磨き・ゴミ出し/分別・植物の水やり)

 ●依頼されやすい家事は、水まわりの掃除と掃除機がけ

1つの依頼主宅で上記の家事を全てやるのではなく、基本は依頼があった内容のみを行うため、2~3時間程度の短時間で仕事は終了します。最も依頼が多い家事は、「水まわり(トイレやお風呂場)の掃除」と「掃除機がけ」です。家事に慣れている人なら日常的な内容ですが、充実した研修やマニュアルがあり、プロ意識を持って働くことで依頼主の満足を得られるくらいの家事クオリティと、ノウハウが身についていきます。

●得意なことに特化して、依頼を引き受けることも可能

家事代行サービス会社によっては、「掃除代行」・「料理代行」・「買い物代行」というプラン別にサービスを提供していることがあります。全ての家事をすることが必須条件ではなく、「料理が得意なので料理代行専門として働きたい」など、自分の得意なことに特化して応募することも可能です。

●家事代行サービスでは、できない仕事内容もある

専門知識や資格が必要な仕事内容は、専門業者(ハウスクリーニング)や専門スタッフの担当です。家事代行サービスのスタッフは、あくまで通常の家事の範囲内で力を発揮できる人が求められ、初心者歓迎の理由がここにあります。

・エアコンクリーニング

・家電製品や家具などの修理

・パソコンなどIT機器のセットアップ

・介護や介助

・ベビーシッターやペットシッターなど

家事代行サービスの雇用形態と、気になる報酬面について

仕事を選ぶ基準として、必ず見ておきたいのが「雇用形態」と「報酬」についてです。今のライフスタイルにあまり負担をかけずに効率よく収入を得るためには、「高時給」なのかどうかは重要な判断基準になります。

 ●「アルバイト」や「パート」が主な雇用形態

主に、家事代行サービス会社にアルバイトやパートとして雇用され、そこから依頼主宅に派遣されるという形がとられています。ハウスキーパーとは違い依頼主に直接雇用されるわけではないため、報酬の交渉などは一切不要です。

●報酬は時給制がほとんど

家事代行サービスの仕事は、時給制をとっている会社がほとんど。また、時給平均もほかの仕事より比較的高い水準に設定されています。別途依頼主宅への交通費も支給されるため(支給の規定は会社により異なるため要確認)、待遇面は申し分ないといえるでしょう。

 ●昇給や正社員への登用も期待できる

実績を積み重ねていくことで、時給や給料をアップさせていくことは可能です(昇給の規定は会社により異なるため要確認)。例えばサービススタッフの指名制がある会社の場合、依頼主から指名が入るごとに昇給する制度を設けているところもあります。また、依頼主からの評価を積み重ねて昇給するというシステムがある会社も。これらは働く人にとって仕事のやりがいにつながります。また、正社員登用制度を設けている会社もあります。

家事代行サービスの仕事のやりがいと大変な部分は?

「自分にもできるかな?」と、あと一歩の勇気が必要なとき、決めてとなるのは「やりがい」かもしれません。また、事前に仕事の大変な部分を知っておけば、自分なりの対処の仕方をシミュレーションできるはずです。

 ●家事代行サービスの仕事のやりがい

・人に感謝される仕事ができる

・頑張ったぶんだけしっかり収入が得られる

・生活の行動範囲の広がりを楽しめる

・家事スキルが高まり、自宅でも活かせる

・部屋がきれいになったときの爽快感や達成感が得られる

●自分のライフスタイルに負担をかけ過ぎず、スキマ時間を有効活用

自分のペースで無理なく仕事を続けられることが、家事代行サービスの仕事の大きなメリットです。働く会社によっては、以下のような求職者にうれしい勤務条件もあります。

・週1日2~3時間からOK

・未経験や資格なしでも働ける

・Wワークもできる

・好きなエリアで働ける

・子どもの急な発熱などによる欠勤も、対応が可能

・夏休みなど、子どもの長期休暇の時期はお休みできる

会社によっては、ほかのアルバイトやパートより勤務スケジュールに融通が利く場合もあり、あなたのスキマ時間を使って、無理なく働くことができます!

●大変な部分もある

・他人の家で作業をするので気をつかい、慣れるまでは緊張する

・汚れている部屋を目の当たりにしても、へこたれない強さは必要

・依頼主との良好な関係を築くことも仕事の一環なので、礼儀や清潔な身なりは必須

などを事前に知ることで、「覚悟が必要な部分」と「注意点」がはっきりとします。

ミスやトラブルがあっても、サポートが万全だから安心!

大変な部分の中で気になるのはやはり、「他人の家で作業をすること」ではないでしょうか。初めての仕事ならトラブルなどへの不安も大きいでしょう。ここでは、働く人を守るトラブルの対処についてご紹介します。

●まずは自分でもできる! トラブルを未然に防ぐ工夫

働く人の側も、トラブルを未然に防ぐための工夫が必要です。例えば、

・依頼主との良好なコミュニケーションを保つ(常に笑顔で接するなど)

・仕事内容の指示はお互いの理解・認識が一致するまでていねいに行う

・貴重品の注意喚起は意識的に行う(別の部屋へ移動させてもらうなど)

・依頼主宅で知った個人情報を、SNSに載せたり口外したりしない

こうしたことを心がけることで、安心して仕事を続けられることにつながります。

●依頼主とのトラブルやクレームも適切に対処

注意や工夫をしていても、ミスやトラブルが発生することがあります。依頼主との間では、例えば以下のような問題が発生することがあります。

・作業した内容に対する不満

・物の損壊や紛失

家事代行サービス会社は、予測できるトラブルに対処するマニュアルを備えています。大切なのは問題を自分ひとりで解決しようとしないこと。まずは会社へ報告・相談することを肝に銘じておきましょう。

●万が一、依頼主宅の物を壊してしまったら?

賠償責任は依頼主のもとにスタッフを派遣している仲介業者(家事代行サービス会社)が負うという形が一般的です。もしもに備えて損害賠償保険に加入している会社がほとんどですが、細かい補償内容・条件などは各社で異なる部分もあるため、応募の際にしっかり確認しましょう。

応募から実際の仕事までの流れと、依頼を受けてから業務完了まで

それでは、仕事を探すところから、実際に採用され依頼を受けて家事代行サービス業務を終えるまでの流れをシミュレーションしてみましょう。ここでしっかりイメージをつかんで、第一歩を踏み出してください。

●応募から仕事実施まで

  1. 電話やインターネットにて応募
  2. 面接→採用
  3. 研修→初日は先輩スタッフ同行(会社によっては無し)

研修で学べるのは、接客の基本や一般的なマナー、効率よく家事サービスをするコツや独自のマニュアルに沿った家事テクニックなどです。この段階まで終わると、事前準備が完了。その後、家事代行サービス会社から実際にうかがう依頼主宅と、業務内容が提示されます。

 ●実際の仕事内容(例)と仕事の流れ

・訪問のご挨拶

・作業箇所と、ご依頼内容の確認

・ご依頼内容に沿った作業(例)

1.水まわり(キッチン・トイレ・お風呂場・洗面所)の掃除(60分)

2.部屋の掃除機かけ(30分)

3.洗濯物たたみ・衣類整理(15分)

4.食事の下ごしらえ(30分)

・作業箇所の報告・退出

 求人情報で探してみよう!家事代行サービスの仕事

家事代行サービスの仕事に関心があるみなさん! 詳しい仕事内容や待遇・報酬・スキルが問われるかなど、今までは「知らなかった」ので「働けるかわからない」と思っていた人も、さっそく仕事探しをスタートできますね。予測されるトラブルへの対処も、会社のサポートはもちろん自分で工夫をすれば防げる部分があるとわかりました。

あなたの持つ「家事スキル」を必要としている人がいます。スキマ時間を活用して自分らしい働き方に出合ってくださいね。