業務委託は企業からの指揮命令を受けないの?詳しい働き方を教えて!

フリーランスや副業で在宅ワークをしている人には、会社や時間に縛られることなく自由に働きたいという思いがあって仕事をしているという人も少なからずいることでしょう。それが魅力でもあります。ところで、フリーランスや在宅ワークが仕事を受ける際、多くの場合は企業と業務委託契約を結びます。なんとなくわかっているようで、あいまいな所もある「業務委託」という契約。どんな内容の契約なのか、誰から指示を受けるのか、など、初めて仕事を受ける人にはあまり知らないことも多い業務委託という働き方について解説していきます。

業務委託ってどんな契約?依頼主からの指揮命令を受けるの?

縛られずに働きたいと思っているフリーランスや在宅ワーカーにとっては、業務委託で指揮命令を受けるのかは気になるところ。はたして指揮命令を受けるのかどうか業務委託とはどういうものかというところから解説していきます。

●業務委託とは?
そもそも業務委託とはどういう働き方なのかというと、企業から依頼を受けて仕事をする働き方です。フリーランスや在宅ワーカーが仕事をする際、多くの場合は業務委託契約を企業と結ぶことになります。

この業務委託契約には「請負契約」「委任契約」「準委任契約」という種類があり、それらの総称として業務委託という言葉が用いられています。

これらの契約はもちろんそれぞれ性質が異なります。簡単に説明すると、請負契約は納期までに求められる成果物を納品することを目的とした契約で、成果物を納品することで報酬を受け取ることができます。対して委任契約、準委任契約は仕事自体を遂行することを目的とした契約で、働いた事自体に報酬が発生します。契約内容によっては納品物がない場合もあります。

そして、これらの業務委託契約は基本的に仕事の内容ごとに契約を結ぶのが一般的な流れとなっています。

●業務委託は指揮命令を受けるの?
業務委託契約を結ぶことで指揮命令を受けることになるのかというと、実は業務委託では依頼主から直接指揮命令を受けることはありません。なぜならば、業務委託は企業と雇用関係を結んでいるわけではないからです。

業務委託契約では、雇用主と労働者という雇用関係が結ばれず、委託側、受託側という関係性となります。この違いは労働者派遣との大きな違いのひとつです。

例えば、会社のシステムを作る仕事を受けた際、請負契約もしくは委任契約を結んだ場合は会社からの指揮系統がないので個人の裁量で働くことができますが、派遣契約の場合は雇用関係が生まれているため、会社側の指揮命令を受けながら働くことになります。

業務委託のメリット・デメリット

業務委託は普通の会社員とは異なる働き方です。そのため、本業のかたわら副業で仕事している人や会社員からフリーランスになった人などにとっては、業務委託という働き方は魅力的に思えるという人も多いかもしれません。ですが、もちろん業務委託ならではのデメリットも存在します。

良い点・悪い点をしっかり把握した上で契約内容を確認しないと、契約を交わした後に後悔する結果になるおそれもあります。ここでは、業務委託で働くことのメリット・デメリットについて解説していきます。

●メリット
前述しましたが、業務委託の最大の魅力といえるのが個人の裁量で仕事を進めることができることでしょう。指揮命令者がいないため、仕事の進め方や勤務時間、働く場所を自由に決めることができます。会社員が一度は憧れる「自由な働き方」というワークスタイルを実現できるのは大きなメリットです。

また、会社勤務において問題になることが多いのが「会社内の人間関係」ではないでしょうか。人間関係は退職の理由にもなりうるほど会社では重要な要素で、それだけに苦手な上司とずっと付き合わなければいけないなどストレスを抱えながら仕事をしている人も多いです。しかし、業務委託での働き方では基本的に仕事は個人の裁量で行うため、会社勤務と比較すると人間関係での悩みは小さくなる場合もあります。

収入面で見てもメリットである部分は多いです。業務委託は仕事ごとに契約を交わします。そのため、個人の評価が反映されやすいので出来高給の場合が多く、やればやるだけ報酬を得ることができます。評価が高くなればより多く仕事を依頼してもらえたり報酬額がアップしたりすることもあるので、働くモチベーションも維持しやすいです。

また、仕事ごとの契約なのでずっと同じ仕事をやり続けることは少なく、ひとつの契約が終わればまた次の仕事を内容や報酬によって選ぶことも可能でしょう。そのため、自分の得意な分野や専門知識がある分野を生かした仕事ができます。得意分野の仕事は質も効率も上がるので収入アップにもつながります。

●デメリット
会社に縛られずに働けるということは、逆にいえば会社に守られることはなく会社員を守る法律などの対象からも外れてしまうため、自分の身は自分で守らなければいけないいうことでもあります。

会社とは雇用契約を結んでいないため、労働基準法の適用外となります。なので、たとえば請負契約で成果物を作るために、報酬に見合わないくらいの労働時間を費やしてしまっても、膨大な労働時間に対する報酬は認められず、受け取れる報酬は成果物に対するもののみとなります。

なので、労働時間の管理や健康管理を自分でしっかり行っておかないと、自由な働き方どころか、報酬に合わない働き方になってしまうという事態にもなりえます。もちろん福利厚生やボーナスもありませんので、しっかり稼いで生活するためには会社員以上の自己管理が求められますので気をつけましょう。

また、会社は労働に関わる税務処理などをやってくれていましたが、業務委託だと個人事業主になるため、確定申告などの税金の申告や保険料の支払いなども全部自分で行う必要があります。仕事以外にもやることが増えますので大変だと感じる人も多いようです。

仕事も会社員とは異なり会社にいる限り発生するものではありません。仕事ごとに契約を行うので依頼主から「君はもう使わない」といわれてしまえばその時点で次の仕事がなくなってしまいます。

定期的に仕事を受けられるようになるには、評価される仕事をして依頼主との信頼関係を築き上げる必要があります。そのために、常にクオリティの高い成果物を納期までにきちんと納品することやしっかり報告・連絡・相談を行ってミスのない仕事をするなど、評価される仕事をし続けることが重要です。

自身の評価が収入に直結する働き方なので、会社員の働き方とはまた違った厳しさがあります。

業務委託で働くときのポイント

業務委託のみに限った話ではありませんが、契約を交わす時はのちのちトラブルに発展しないように慎重に行うことが大事です。この契約をしっかりしておけばもしなにかトラブルが起こったときも契約書に基づいて対処ができます。ここでは業務委託で働くときに気をつけなければいけないポイントについて解説していきます。

●契約内容をよく確認する
一番大事なポイントは、契約書を交わす際に契約内容をよく確認することです。たくさんの記載がありますので確認するのが面倒だと思う人も多いですが、必ず隅々までチェックを行いましょう。

チェックすべきポイントは、仕事の内容・具体的な成果物の内容や責任の範囲・納品日・報酬額・報酬の支払い時期、支払い方法・交通費や材料費に関する手当の有無・再委託の可否などです。

細かい部分まで確認して、なにか疑問点があれば契約する前に依頼者に確認して解消しておきましょう。疑問点を解消し、納得した状態で仕事を始めることでトラブル予防につながります。また、契約書に書いてないことで追加や修正などが行われた場合は必ずそれらの内容を文書で盛り込んだ契約書に更新してもらいます。口頭での確認のみだと、後々「言った・言わない」のトラブルに発展しますので気をつけましょう。

●納期までにお仕事を完了させる
契約を交わしたら、納期までに必ず仕事を完了させるようにしましょう。納期を守ることは依頼先との信頼関係につながります。今後の仕事の依頼にも影響しますので、納期までに成果物を納品できるように、余裕のあるスケジュールを組むようにしましょう。

●偽装請負に注意する
業務委託契約を結ぶ際に気をつけなければいけないのが、「偽装請負」です。偽装請負とみなされる場合の基準はさまざまですが、大まかにいうと業務委託契約を結んでいるにもかかわらず、その勤務実態が労働者派遣と変わらない状況にある場合がひとつの基準となります。

このような偽装請負は違法となります。偽装請負と考えられるケースは、労働時間を依頼主から指定されるケースや仕事の進め方を管理されるケースなどがあります。刑事罰を課されることもありますので、契約前だけでなく、契約後も十分な注意が必要です。

契約内容をしっかり把握し、リスク管理しながら自分らしく働こう

業務委託はフリーランスや在宅ワークで仕事をする人であれば必ずといっていいほど関わることのある契約です。表面的な意味だけでなく、どのような労働形態になるのか、メリットとデメリットはどのようなものかを把握しておくことでリスク対策を行いながら仕事を進めることができます。

「会社に縛られることなく自分らしく働ける」という魅力的な働き方を続けるためには知らなければいけない知識もあります。今回紹介したことをしっかり知識として蓄えておき、お仕事を進める際に役立ててくださいね。