試用期間中に退職ってできるの?就業規則を守って円満に退職を

お役立ち記事一覧へ戻る

試用期間中に退職ってできるの?就業規則を守って円満に退職を

就職や転職で企業へ入社する際、本採用の前に「試用期間」という期間を設ける会社が多いです。簡単にいうと企業側が新入社員を試験的に働かせてみるという制度なのですが、新入社員もこの期間中にこの会社で働けそうかを見極めます。場合によっては自分と企業とのミスマッチを感じ、試用期間中に「もうこの会社を辞めたい」と思うこともあるでしょう。その場合、試用期間中であれば普通よりも気軽に退職することができそうな気もしますが、実際は果たしてどうなのでしょうか?ここでは、試用期間中に退職ができるのかについてお伝えしていきます。

試用期間中でも退職できるの?

試用期間とは、いわゆる「社員のお試し期間」であり、新入社員は本採用された状態ではないので簡単に退職できるようなイメージですが、実際に使用期間中でも退職は可能なのでしょうか?試用期間中の退職は就業規則や民法ではどのように扱われるのか紹介していきます。

●試用期間が設けられている理由は?
そもそも、すぐに本採用せずに試用期間が設けられている理由は何なのでしょうか?試用期間とは、会社が新入社員の適性を見極めるために本採用を前提としてお試しで使用するための期間のことです。

試用期間が多くの企業で採用されているのは、会社側も入社面接だけでは人柄や能力を見極め、本当に会社にマッチする人材なのかを判断するのは難しいです。

そのため、試用期間の間に会社は新入社員の勤務態度や能力を把握し、会社の環境に馴染めそうか、長期的に働けそうか、戦力になれそうかを判断したうえで、試用期間終了後に正社員として本採用するかどうかを決断します。

会社によって試用期間の長さはまちまちですが、一般的には1~6か月、長くて1年ほど行われます。

●試用期間中に退職はできる?
実は、試用期間中は本採用されてないといっても雇用契約は成立しています。試用期間中の契約は「解約権留保付労働契約」という会社側に本採用を拒否する権利が与えられている特殊な契約なのですが、解雇や退職にあたってのルールは同じです。

なので、就業規則に記載されたとおりの方法で退職を申し出る場合はちゃんと退職することができます。民法では「2週間前までに申し入れをする」という旨の記載がありますが、一般的には退職希望日の2週間前~1か月までに申し出るように就業規則に書かれていることが多いです。

また、辞めるその日に退職を申し出るなど、即日退職は原則禁止となっています。「今すぐ辞めたい」と思っていても、しっかり正しい手順を踏んで退職手続きを行いましょう。

●試用期間中に解雇されることってあるの?
試用期間というものは、長期雇用を前提として設けられている制度です。そのため、正当な理由がない限り、試用期間中であっても会社側からの解雇は簡単にできないようになっています。

正社員の解雇と同じように、解雇の必要性がある正当な理由がない限りたとえ試用期間中であっても会社側から解雇はできないようになっています。正当な理由とは、経歴詐称、欠勤が多い、勤務態度が悪いなど。

解雇をする場合には、解雇理由を裏付けるための証明を行う必要があります。そのため、「会社に合わない」「仕事ができない」といった理由は正当な理由にあてはまらないので、社員として適切な行動を取っていれば、会社から解雇されるリスクを大幅に減らすことができるでしょう。

解雇の通知に関しても通常の解雇と同じように、30日前に予告するか、解雇予告手当を支払うかのいずれか義務が会社側に発生します。解雇予告手当は30日分以上の平均賃金の金額になります。しかし、特例として試用期間が始まってから14日以内に解雇をする場合は会社側に予告する義務はありません。

さっそく正社員・転職の求人を探してみる!

試用期間中に退職するメリットとデメリット

試用期間中の退職にはメリットとデメリットが存在します。退職を考えたときに、試用期間中の退職による影響について何も考えずに決断を下してしまうと、後で後悔する結果になることもあります。試用期間中の退職によるメリット・デメリットを紹介していきます。

●試用期間中に退職するメリット
・新卒であれば中途ではなく第2新卒扱いになる
もし試用期間中に退職する会社が新卒で入社した会社だった場合、次の転職では「第2新卒」という扱いで転職活動を行うことができます。第2新卒とは学校を卒業後、一度は就職したものの数年以内に離職して転職活動をしている人のことを指します。大学卒業後1~3年以内で25歳前後の転職活動者が第2新卒にあてはまることが多いです。

第2新卒で転職することのメリットは転職活動のハードルが中途採用よりも低く、次の転職先を見つけやすいことです。

一般的な中途採用では会社の即戦力として働くことができる能力を求められるため、転職のハードルが高くなります。一方、第2新卒は能力よりもビジネスマナーなどの基本的なビジネススキルを重要視する場合が多いため、職務経験が浅い人でも採用されやすくなります。

実は、企業側にとっても第2新卒は基本的なビジネススキルは備わっているため教育の手間が省け、さらに前職の企業風土に染まっていないため使いやすいというメリットの多い人材なのです。このような背景から第2新卒の採用に積極的な企業も多いため、再就職がしやすい環境にあります。

・引き止めに遭いにくい
会社では、一般的な流れとして長く在籍するほど会社内での立場が上がったり、任される仕事の責任が重くなったりするものです。これが長く勤める会社員が退職しづらい要因のひとつです。

しかし、試用期間中は責任の重い仕事を任される可能性は少ないので、退職しても会社にとって大きなダメージになることは少ないです。そのため、会社から引き止められることも少ないので引き止めに関するトラブルに遭いにくいこともメリットのひとつです。

●試用期間中に退職するデメリット
・転職活動に影響が出るおそれがある
第2新卒という有利な武器を持っているとしても、試用期間中に退職することで採用面接などの転職活動でよくない影響が出る可能性はあります。

試用期間中に退職したということは、入社して数か月以内という短い期間で退職したことになります。すると、採用側が「自分の会社でも短期間で辞められてしまうのではないか?」と気にしてしまう会社もあります。

また、短期間で退職した理由によっては単に忍耐力が足りない、会社への順応力がないと捉えられてしまう可能性があります。

転職活動に悪影響を与えるリスクは企業の方針や採用担当によって程度が異なりますが、企業側の不安を解消できるような納得できる退職理由を伝えることが大切です。

・周囲の心証を悪くする可能性がある
早期に離職するということは世間的にはまだまだよいイメージでは見られないことがあります。同僚や先輩社員など、早期離職をよく思わない人も少なからず存在します。

退職後もご近所や家族・親戚など周囲の評判を気にしてしまってストレスを抱えてしまうこともあります。

退職の前後はお世話になった方への負い目も感じてしまうこともありますが、自分の気持ちや決断を大事にして、早めに気持ちを切り替えて転職活動に臨むことが大切です。

さっそく正社員・転職の求人を探してみる!

試用期間中に退職するときに守るべきポイント

退職するときの理想は、余計なトラブルを起こさずに会社と円満に退職することです。試用期間中に退職するときに、円満に退職するために守るべきポイントを紹介していきます。

●具体的な退職理由を提示する
退職の意思を伝えるにあたって、必ず退職したい理由を聞かれます。変にごまかしたり嘘をついたりすると心証を悪くする原因やトラブルの元になりますので、「社風や雰囲気が合わない」「自分の求めていた環境と違った」など具体的な退職理由を伝えるようにしましょう。

退職する会社はもちろん 、転職活動中の面接でも退職理由を聞かれることは多いです。特に短期間での退職であればなおさらです。なので、退職する会社にも転職先にも納得いく説明ができるように退職理由を明確にしておくことが重要なポイントです。

特に、転職先に説明する際は退職理由をポジティブに説明できるようにしておくとよいでしょう。ネガティブな理由の場合は、「退職を決意する前に改善しようと努力した」など、自分が変わる努力をしたことを伝えると印象が悪くなりません。

もちろん嘘はいけませんが、伝え方ひとつで相手が受ける印象は変わりますので、納得感がありポジティブにとらえられる伝え方を考えることが退職・転職がうまくいくコツです。

●会社の就業規則を守って退職する
前述したように、試用期間中の退職のルールは通常の退職する際のルールと変わりませんので、就業規則に記載された退職のルールを守って退職することは円満退職の大前提であると頭に入れておきましょう。

退職すると決めたら、まずは退職したいという意思を伝えなければなりません。ここでポイントなのが、必ず退職の意思は口頭で上司に伝えるということです。上司の中でも、自分の直属の上司に伝えることが大切です。

退職したいということを伝えるのは気まずいかもしれませんが、社会人として必ず口頭で伝えることが礼儀です。電話やメールで伝えるのは絶対に避けましょう。

次に退職願を提出します。この時に注意しなければならないのが、退職願と退職届を間違えないようにすることです。退職願は退職を願い出るための書類ですが、退職届は自分が退職する事実を通告するための書類です。

民法上は問題ありませんが、会社との話し合いをせず一方的に退職を通告することでトラブルが発生するリスクが高くなりますので間違えないようにしましょう。

さっそく正社員・転職の求人を探してみる!

社会人としてルールを守り、円満に次のステップへ進もう

会社の仕事や風土が合わず、試用期間中に退職するということは今の時代そう珍しいことではありません。自分がどうしたいかという気持ちを大切にして、次なるステップに進むことが大切です。

そのために、まずは円満に退職することがはじめの一歩です。たとえ試用期間中の身であったとしても立派な社会人。社会人として就業規則などのルールを守り、次の転職活動に向けて幸先のよいスタートを切りましょう。

【自分に合った仕事を探そう!】
「正社員・転職」の求人

詳しくはこちらから

【キレイなオフィスで快適♪】
事務・受付・データ入力・コールセンターなど「オフィスワーク」の求人

詳しくはこちらから

【未経験者大歓迎!】
残業ほぼなし・ノルマなし・研修制度ありも!「営業」の求人

詳しくはこちらから