シフト制とは?プライベートとの両立がしやすいシフト制のお仕事一覧

お役立ち記事一覧へ戻る

シフト制とは?プライベートとの両立がしやすいシフト制のお仕事一覧

バイト・パートや正社員の仕事を探している人の中には、しっかり働いてお金を稼ぎたいけどプライベートの時間も確保したいと思う人も多いのではないでしょうか。プライベートと仕事を両立させたいという人にオススメの働き方が「シフト制」です。シフト制とはいったいどのような働き方なのでしょうか?ここではシフト制のメリット・デメリットやシフト制が多い業種、シフト制で働く際のポイントなどについてご紹介します。

シフト制ってどんな働き方?メリットとデメリットは?

働き方の種類には大きく「シフト制」「固定制」の2つがあります。シフト制は固定制とどのような違いがあるのでしょうか?また、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?この2つについて解説していきます。

●シフト制と固定制の違いとは?
シフト制と固定制には「勤務形態」に大きな違いがあります。まず、固定制は勤務日や勤務時間が勤務先の就業規則によってあらかじめ決められている働き方です。多くの方が会社員の働き方としてイメージする「月曜日から金曜日まで毎日8時間働く」というのは固定制勤務の代表的な例です。

対してシフト制は出勤日や出勤時間が週によって異なり、勤務日や休日が決まっていない働き方です。シフト制には、1週間の勤務日と勤務時間が決まっていて出勤日が週によって変わる「固定シフト制」と、勤務日・勤務時間・出勤日などの希望を提出して、希望を加味したシフト表に従って勤務する「希望シフト制」の2つがあります。

固定制とシフト制のどちらを採用しているかは、会社や店舗によって異なります。自分が働きたい会社がどちらを採用しているか知りたい場合は、募集要項に必ず記載があるので申し込みをする前に必ず確認しましょう。

●シフト制のメリット・デメリットは?
続いて、シフト制で働くことで得られるメリットとデメリットについて解説していきます。
・メリット
シフト制の最大のメリットは、自分の都合に合わせて勤務スケジュールを組み立てることが可能な点です。シフト表を作成する際にはある程度従業員の希望に合わせたシフト調整が行われます。

そのため、生活スタイルや都合に合わせた勤務スケジュールで働けることが多く、プライベートな予定との両立がしやすい点がシフト制の魅力です。特にシフト制は平日の休みも取りやすいため、病院や銀行など土日には行きにくいところに行きやすかったり、旅行やイベントなども人混みを気にせず楽しんだりすることもできます。

また、シフト制であれば予定のないスキマ時間を有効活用して収入を得ることもできるので主婦や学生にとっても働きやすい勤務形態です。

・デメリット

シフト制にはデメリットもあります。自分の都合に合わせてスケジュールを調整できるということをメリットで挙げましたが、タイミングによっては希望どおりにならない場合もあります。

特に繁忙期や閑散期など時期によって忙しさに差がある業種では忙しさの程度によって希望が通らないことがよくあります。休みたい日でもシフトに入らなければならなかったり、逆にシフトに入りたくても出勤日が減らされてしまったりすることがあります。

このような特徴から、月の収入が安定しないことが多いこともシフト制のデメリットといえるでしょう。

さっそくシフト制の求人を探してみる!

シフト制が多い業種には何がある?

シフト制が多く採用されている業種にはどのようなものがあるのでしょうか?企業側がシフト採用するメリットとして、労働時間をうまく調整して働く人を交代することで、一人だけで稼動できる時間以上に、オフィスや店舗を稼働させることができます。。

そのため、シフト制は営業時間が長い店舗やインフラなどの保守点検や防犯など、常に人がいる必要がある業種でシフト制が採用されることが多いです。

シフト制が多く採用されている業種の具体例を紹介します。

●サービス業
・アパレルショップ
お客さまの接客やレジ打ちのほか、商品の陳列や検品、ディスプレイなどの店内作業を行います。お客さまの希望に合わせたファッションのアドバイスを行うこともあります。

・コンビニ、スーパー
レジ打ちや接客のほか、商品の陳列・補充などの作業などを行います。24時間営業や深夜帯の営業を行っている店舗が多いため時給が高い深夜帯の勤務なども可能です。

・百貨店、デパート
レジ打ちや接客、商品の陳列や補充、お客様への説明などを行います。客層も落ち着いた年齢層が多いため、主婦の方が多く勤務しています。

・ドラッグストア
レジ打ちや接客、商品の陳列や清掃などを行います。医薬品も販売しているため専門知識が必要だと思われがちですが、基本的に医薬品は薬剤師が対応しますので、医薬品に関する専門知識がなくても働くことができます。

・コールセンター
お客さまからの電話応対や、電話をかけて営業などを行う仕事です。基本的に研修制度やマニュアルが完備されていますので未経験でも勤務することができます。

・病院
医師や看護師の仕事は専門職ですが、受付や清掃、データ入力などの事務仕事は資格がなくても行うことができます。

●飲食業
・レストラン、ファストフード店
レジ打ちや接客、料理運びなどのホール業務や料理を作るキッチン業務があります。パートでの採用が多く、大学生から主婦まで幅広く働いています。

・カフェ
レジ打ちや接客、注文取りなどのホール業務が主な仕事になります。店によってはホールスタッフがドリンクを作ることもあります。

・居酒屋 など
料理やお酒を運んだり、注文を取ったりするホール業務や、オーダーされた料理を作ったり仕込みや皿洗いを行うキッチン業務があります。夜~深夜帯での勤務が多くなります。

●製造業
・食品工場
食品製造ラインで食材の調理や加工、盛り付けなどを行います。淡々と流れ作業を行うことが多いです。食品工場は比較的女性も多い職場です。

・自動車工場
自動車製造ラインや検品ラインで単純な組み立て作業や検品作業を行うのが主な仕事です。仕事内容によっては力作業になることもあります。

・製品工場 など
様々な商品の製造ラインで商品の加工や組み立て、梱包や仕分けなどを行います。「軽作業」という名前で募集されることがあります。

さっそくシフト制の求人を探してみる!

シフト制の勤務先で働くときのポイント

シフト制の勤務先で働く場合、気をつけるべきポイントがいくつかあります。勤務先での評価や働きやすさ、収入に関わるものも多いので、シフト制の職場で働く際は以下に紹介するポイントに気をつけましょう。

●シフトの提出期限を守る

シフトは一定期間ごとに新しく作成されるので、毎回事前にシフトの希望を出す必要があります。シフトの希望が全員から集まらないと全体の勤務スケジュールが立てられないため、勤務先に迷惑をかけてしまいます。

評価が下がるだけでなく、場合によっては「シフト希望なし」ととらえられて、勝手にシフトを決められてしまう可能性もありますので、自分のためにも決められた提出日に間に合うように提出しましょう。

●遅刻や欠勤に注意する

決められたシフト通りに出勤できるようにスケジュールや体調管理に気をつけて遅刻や欠勤をしないように注意しましょう。勤務人数に穴を開けてしまうと勤務先に迷惑をかけてしまいます。

体調不良や突然の用事などでどうしても出勤できないことがわかったら、可能な限り早めに責任者に伝えるようにしましょう。責任者は代わりの人を探す必要があるため、連絡が勤務直前になってしまうと責任者を困らせてしまいます。

また、遅刻の場合も速やかに連絡をしましょう。もちろん、遅刻はしないことが大前提ですので勤務当日は時間に余裕を持って出勤するようにしましょう。

●給与計算が合っているかを確認する

給与をもらったら、必ず労働時間と振り込まれた給与が合っているかを必ず確認するようにしてください。シフト制の場合は月によって給与が変動しやすいので企業側が給与計算のミスをしている可能性があります。

給与明細をもらったらなるべく早く確認し、もし計算が合わない場合はすぐに責任者に相談をしましょう。

さっそくシフト制の求人を探してみる!

シフト制は自分の都合に合わせて働きたい人にぴったりの働き方

決まった曜日に決まった時間勤務する働き方は給与や生活リズムが安定する働き方ですが、仕事ありきで自分の都合を調整しがちになるため、プライベートでやりたいことがなかなか実現できないという一面があります。

その点、シフト制は自分の都合に合わせて仕事を調整できるのでプライベートをしっかり充実させたい人にはぴったりの働き方といえます。自分がどのような生活を送りたいのかを考えた上で、シフト制と固定制のどちらが自分の働き方に合うのかを考えてみましょう。

 

【空いた時間を有効活用!】
スタイルに合わせて働く!「シフト制」の求人

詳しくはこちらから

【1日からでも働ける!】
効率よく稼ぐ!「短期・単発」の求人

詳しくはこちらから

【自分に合った働き方で探そう!】
仕事とプライベートの両立◎「派遣」の求人

詳しくはこちらから