学校事務ってどんなお仕事?適性やメリット、身に付くスキルを教えて

お役立ち記事一覧へ戻る

学校事務ってどんなお仕事?適性やメリット、身に付くスキルを教えて

学校事務は、小学校から中学、短大、大学、専門学校まで、さまざまな種類の学校で必要とされるお仕事です。事務や管理業務というイメージがありますが、職場によっては庶務や経理、広報まで幅広く仕事を任される場合もあります。業務の詳細は学校によって異なりますが、共通しているのは「同じ職場の教職員と連携を図りながら仕事をする」ことです。

そこでここでは、学校事務のメリットや、身につくスキルなど、順を追ってご紹介します。これから学校事務のお仕事を目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

学校事務の主なお仕事内容は?

学校事務のお仕事は、庶務や人事、会計、教務といった業務が多いようです。学校によっても仕事内容が異なりますが、事務と言ってもその範囲は広い印象があります。

●庶務のお仕事
学校事務のお仕事には庶務のお仕事として、学校の運営に関する連絡調整を行うことがあります。またその他には、文書作成や管理、ファイリング、データ入力なども行います。文書作成やデータ入力は、例えば学校説明会やオープンキャンパスの企画、資料作成や願書受付などに関するものが多いでしょう。

また学校に配達される郵便物の仕分けや発送業務をこなし、外部業者などに対して渉外活動をすることもあります。一般の会社の事務職が行うお仕事はすべて担当するケースが多いでしょう。

●人事のお仕事
学校で働く教職員の勤怠管理や異動・入校退職に関する手続き、採用などの仕事を担当します。人事に経理機能がある場合は、経費の精算や入金伝票の処理、給与明細管理などのお仕事も含みます。さらに経費の精算や入出金伝票の処理、決算資料の作成補助まで行うことがあります。

●会計のお仕事
会計のお仕事では、予算の策定や管理業務が行われます。また事務所で使われるオフィス用品(消耗品など)の管理・発注も行うことがあります。

●教務のお仕事
教務のお仕事には、入学・退学・転校といった在籍学生の状況を管理する仕事があります。また単位の取得状況や学費の納付といった管理まで行うこともあります。学生生活のサポートとしては、奨学金の申請受付や手続きから、住居やアルバイトの紹介をすることもあり、就職を迎えた学生には就職活動支援をすることもあります。これから入学する予定の学生に向けて、オープンキャンパスの企画やそのための資料作成にあたることもあります。

さっそく学校事務・教務事務の求人を探してみる!

学校事務として働くメリットとは?

学校事務は、子どもたちが多くの時間を過ごす学校を裏側から支える仕事です。教育という現場で、裏方の事務のプロフェッショナルとして幅広い業務を行います。ここでは学校事務として働くメリットについてご紹介します。

●教育に携われる
教員と違い、直接勉強や部活の指導をすることはありませんが、子どもをサポートするということでは学校事務でも変わりはありません。生徒さんの成長を支援することができ、コミュニケーションを取る機会も頻繁にあるので、時には学生から頼りにされることもあるでしょう。

●未経験でも就職・転職できる
学校事務は未経験でも就職や転職が可能です。たとえ未経験でも募集している学校もあるので、積極的に応募してみましょう。例えば臨時職員や非常勤職員という形で求人を募集していることもあります。

未経験の方は就職後に必要な知識やスキルを磨きながら仕事をしていきましょう。学校事務は幅広い業務が特徴なので、いろいろなオフィスワークや事務職のお仕事が体験できるでしょう。

●PCスキルが身に付く
学校事務では、文書入力や企画書作成、発注書入力、物品管理、給与管理といったPCを必ず使う業務があります。お仕事でワード、エクセル、パワーポイントなどを使用する機会に恵まれるので、基本的なPC操作が自然に身に付きます。

またWebサイトの運営に関わる可能性もあります。その場合には、Webデザインやマーケティングの知識を習得できることもあります。

●残業が比較的少なく、プライベートを充実させやすい
学校事務は、学校の運営時間が決まっていることもあり、比較的残業が少ない傾向にあるお仕事です。終業時間も比較的早く、そのためにプライベートの時間を充分確保することが可能になります。

さっそく学校事務・教務事務の求人を探してみる!

学校事務に応募する前に押さえておきたいポイント

学校事務に応募する前に、どんなことを押さえておけばよいのでしょうか。学校事務で働くにあたって、気を付けたいポイントについて解説します。

●働く目的を明確にする
まず学校事務に応募する前に、働く目的を明確にしてみましょう。そうすることで応募する求人を絞り込むことが可能になります。例えば、子どもの教育に携わりたいとか、事務職の経験を積みたい、これまでの経験を活用したいといったことです。事前に目的を明確にしておけば、募集されている求人も探しやすくなります。

●長期休暇中もお仕事があることを考慮する
学生が長期休暇中でもお仕事は通常通りあるので、そこは忘れないようにしましょう。この期間は学生への対応は少なくなりますが、その間に行う業務もたくさんあります。具体的には、普段生徒がいるとできない備品照合や出勤簿の整理などにあてます。

また学校や雇用契約の内容によっては、勤務時間が短縮されることもあるので、応募する前によく確認してみてください。

さっそく学校事務・教務事務の求人を探してみる!

学校事務は幅広い作業を行う事務のスペシャリスト

学校事務は、業務範囲が広く、庶務や総務など様々な業務を任せてもらえる可能性があります。応募する前に、学校で働くことの目的や今までの自分の経験を再確認してみるとよいでしょう。学校事務は、子供たちが多くの時間を過ごす学校を、裏側から支えるやりがいのあるお仕事です。未経験でも応募できるお仕事もありますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

dジョブでは学校事務以外にも、未経験からでもチャレンジできる教育関連のお仕事や、自分のライフスタイルに合わせて働くことのできるお仕事をたくさん掲載しています。ぜひ一度のぞいてみてくださいね。

【教育に携われる♪】
残業少なめ!「学校事務・教務事務」の求人

詳しくはこちらから

【幅広い年代の方が活躍!】
派遣社員・未経験OK・研修制度ありも!「事務」の求人

詳しくはこちらから

【キレイなオフィスで快適♪】
事務・受付・データ入力・コールセンターなど「オフィスワーク」の求人

詳しくはこちらから