スムーズなバイトの辞め方とは?マナーを守って退職後も良好な関係を

お役立ち記事一覧へ戻る

スムーズなバイトの辞め方とは?マナーを守って退職後も良好な関係を

バイトを始めてみたけれど、何か事情があり辞めなければならなくなったというときに、「バイトを辞めたい」と伝えるのは勇気がいることでしょう。しっかり事情を説明すればスムーズにバイトを辞めることができます。

ここではスムーズなバイトの辞め方について、守るべきマナーや申し入れのタイミング等、円満に退職するコツを解説していきます。円満に退職することで辞めた後でもスタッフと良好な関係を築け、もしかしたら今後の活動を応援してくれるかもしれません。バイトを辞めたいけれどどんな方法が良いのか迷っているなら、ぜひこの記事を参考にしてください。

バイトを辞めるときに守りたいマナー

バイトを辞めたいとき、辞める側はそれまでの関係性や自分がいなくなること で迷惑をかけてしまうのではという不安から、気まずさを覚えてしまうこともあります。しかし採用した側も、しかし採用した側も「アルバイトの方はずっと働きつづけられるわけではない」と考えていますので、マナーに 則って辞めることを伝えれば問題ありません。一体どんなことに気をつければよいのか見てみましょう。

●必ず上司に直接伝える
バイトを辞めるときは、まず必ず上司に直接辞めたいという意思を伝えましょう。上司は自分が辞めたあとの代わりの人員を雇わなければならないので、いち早く辞める時期を知りたいからです。人員の補充という人材管理の問題からも、できるだけ早く伝えるのがよいでしょう。

例えば他のスタッフに伝言を頼んで間接的に上司に伝わったとしても、本当に辞める意思があるのか、またいつ辞めるのかが正確にわかりません。誰かを経由するのではなく、しっかりと上司に面と向かって退職の意思を伝えることが重要です。

●辞める1か月前に退職の申し入れをする
バイトの退職について、法律では辞めたい日の2週間前までにバイト先に申し出るということが決められています。しかし一般的には、次のバイト募集や告知・面接などに必要な時間を踏まえ、「退職する1か月前までに申し出る」ということを就業規則で定めているところが多いようです。

これは一般的な例なので、バイト先によっては2か月前までに申し出るよう促していることもあり、辞めるまでの期間はバイト先によってまちまちです。

●理由をきちんと伝える
バイトを辞めるときの理由は人によってさまざまですし、必ずしも何か理由がなければ辞められないわけではありません。ただし辞める理由をあいまいにして、きちんと事情を説明しないのは避けた方が良いでしょう。辞めたい理由をあいまいにしてしまうと引き止めに合うこともあるので、かえって辞めにくくなってしまいます。

勇気がいることですが、しっかりと誠意をもって辞める理由を伝えるように心掛けましょう。

新しいアルバイト・パートの求人を探してみる!

円満に辞めやすい退職理由とは?

円満にバイトを辞めるためには、雇用主にしっかり理解してもらえる理由を伝えることが大切です。「仕事が合わない」などの主観的な理由だと、ひょっとしたら受け入れにくいバイト先もあるかもしれません。そこでここでは、みなさんがどのような理由で退職しているのか、具体的な例をご紹介します。

●やりたいことや専念したいことがある
自分に夢や実現したいことに挑戦したいから、アルバイトの時間を減らしたい、または辞めたいというのもひとつの理由です。このとき、他の仕事をしてみたいとか仕事に飽きてしまったといったような、ネガティブな理由は避けるようにしましょう。自分には目的があって、やりたいことに向かって努力していることを具体的に上司に伝えると心証が悪くなりません。

●就職先が決まった
学生であれば、就職先が決まったというのがバイトの辞め方として一番スムーズといえるでしょう。例えば就職先のインターンが始まるためバイトは続けられないといった場合もあるかと思います。就職が決まったらすぐ上司に話してみましょう。早めに相談すれば、バイト先も余裕をもって欠員補充する時間ができるからです。

●家庭の事情でアルバイトに入れなくなる
バイトを辞めるときの理由として多いのが家庭の事情です。家族の誰かが病気になってしまった、入院して付き添いが必要などバイトを続けることが難しくなった場合はそのことを伝えましょう。もちろん自分自身が病気やケガをしてしまった場合にも、率直に事情を伝え退職の相談をしましょう。
中には家業を急に手伝わなければならなくなったという場合もあります。その場合でも、早めに、率直に伝えることが肝心です。

●遠くに引っ越す
今住んでいる場所から引っ越すことになり、バイト先に通えなくなったとか、バイト先が遠くなってしまったというケースもあります。この場合、「遠くても通えるのでは?」という認識をもたれることもあるので、交通費や通勤時間の面で他のアルバイトを探したいことを正直に伝えましょう。そうでないと多少遠方でも通えるかもしれない、という期待をバイト先に抱かせてしまいます。

新しいアルバイト・パートの求人を探してみる!

円満退職するとどんなメリットがあるの?

円満にバイトを退職すると、いろいろなメリットがあります。円満退職できれば必ずその後の活動や新天地でもメリットをもたらせてくれます。

●今後の活動を応援してもらえる
お互いに納得した上で辞めることができれば、職場の上司も気持ちよく送り出してくれます。そして今後の活動に対しても応援してくれることもあるので、そのためには、辞める理由をきちんと話し、早めに相談しましょう。

時間にゆとりをもって辞める相談をしておくと、新しい人を募集することもできますし、慌てずに済みます。急な事情で辞めざるを得ないときでも、理由がしっかりしていれば理解してもらえるはずです。上司が納得してくれれば、今後の活動を応援してくれるようになるでしょう。

●退職後もスタッフと良い関係を築ける
円満退職できれば、近しい人に悩みごとを相談できない場合でも、元バイト先の仲間や先輩に聞いてもらうことができます。新天地でトラブルがあったときでも、元のバイト先に欠員があれば戻ることも可能になるでしょう。

そして元バイト先が自分の住んでいる場所に近いなら、退職してからでもバイト先に気軽に顔を出すこともできます。円満に退職することで、退職後もスタッフと良い関係を築け、人間関係の幅が広がるでしょう。

新しいアルバイト・パートの求人を探してみる!

円満退職で気持ちよく送り出してもらおう!

バイトを辞めたいと申し出るとき、気まずいのでついつい先伸ばしにしたり、ちょっとした嘘をついたりしたこともあるでしょう。しかしバイト先の上司は「いつかは辞める」こと前提でバイトを雇っています。できれば辞めてほしくないけれど、そのうち辞める日が来ることを想定しているということです。だからこそ、辞めるときはバイト先に迷惑をかけないように円満に退職したいものです。

「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるように、辞めるときは円満退職ができるように、真摯に辞める理由を説明しましょう。もちろん職場の規定の通り、辞めるまでの日程は守るようにしてくださいね。円満退職であれば、元の職場の人たちとも、困ったときに相談することができるような良好な人間関係が築けます。気持ちよく送り出してもらうためにも、辞めるときはバイト先に、早めに、しっかりと理由を伝えるようにしましょう。

【自分に合った働き方で探そう!】
「アルバイト・パート」の求人

詳しくはこちらから

【空いた時間を有効活用!】
サクッと稼ぐ!「短期・単発」の求人

詳しくはこちらから

【毎日が給料日♪】
今すぐ稼ぐ!「日払い・週払い」の求人

詳しくはこちらから