Wワークがしやすいお仕事って?ポイントを押さえてスマートに収入アップ!

求人情報でみかける「Wワーク可能」の文字。Wワークって副業とどう違うのでしょう? どうしてWワークが可能なのでしょうか? 収入はもっと増やしたいけど、税金面で働き損になったり、会社とトラブルになったりするのは嫌ですよね。そこで今回はWワークするために押さえておきたい法律や税金の基礎知識、気をつけておきたいポイントをみながら、Wワークが可能な求人にはどのようなものがあるかを紹介します。ポイントを押さえて、賢く収入アップしてみましょう!

さっそくWワークがしやすいお仕事の求人を探してみる!

Wワークって?副業との違いは?

政府による副業の推進によって、仕事を掛け持ちすることがよいことだという風潮が強まってきています。まずは、「そもそもWワークってなに?副業と違うの?」 ということについてみていきましょう。

●副業とは

辞書には、“本業のかたわらにする仕事”と記されており、対義語が「本業」となっています。つまり、主な収入の軸となる仕事に従事していて、その仕事以外の時間を別の仕事にあてている場合、その「仕事そのもののこと」を副業と呼びます。サブの仕事、というようなイメージですね。また、対義語の「本業」は、本来の職業となっており、自由業や自営業も含まれます。

●Wワークとは

一方、「Wワーク」とは、“定職をもちながら、夜間や休日などに他の仕事をすること。収入の不足を補うために副業をもつこと”と、辞書に記されています。副業という言葉が、仕事そのものをさす言葉である一方で、Wワークとは、「仕事を掛け持ちしていること」をさす言葉です。「副業を持っている」と「Wワークをしている」は、ほぼ同じ意味になりますね。

さっそくWワークがしやすいお仕事の求人を探してみる!

Wワークをする上で、法律・税金など気になる点を解説

Wワークをはじめるにあたり気にしておきたいことは、「就業規則」「社会保険」「税金」の3点です。「こっそりWワークできる?」「扶養内で働くには?」 などの疑問を解決するために、まずは基本を押さえましょう。

●サラリーマンは「就業規則」を確認

多くの会社には「就業規則」があります。そこに、副業についての規則が提示されていることが一般的で、その決まりは会社によってさまざまです。副業を検討している場合には必ず確認し、副業OKであっても、規則の範囲内でできる副業を検討しましょう。届出が必要な場合などもあります。

●法律で労働時間が週20時間以上は「社会保険」の加入対象に

定職を持ちながら短時間バイトをする、短時間バイトを掛け持ちするなど、バイト先での労働時間が週に20時間以上かつ、継続して31日以上雇用される場合には、雇用保険の加入対象になります。一方、厚生年金保険および健康保険の適用条件は就業先ごとに判断されますので、これらが必要、または不要な場合には、就業先に確認をする必要があります。家族の扶養に入っている方は、年間の収入が130万円を超えると、社会保険上の扶養から外れるのが一般的です。

●「税金」の基礎知識

サラリーマンは、会社で年末調整があるため確定申告は必要ありませんが、定職を持ちながら短時間バイトをするWワークの場合、副業の所得が年間20万円を超える場合には、確定申告をしなければなりません。また、給与所得の場合は、本業・副業合わせて103万円以内(基礎控除+給与控除)の収入の場合は所得税がかかりませんが、事業所得の場合は控除が異なりますので、注意する必要があります。 ・所得税における、「配偶者控除」を受けるには 例えば、主婦Aさんの給与収入の合計が103万円以下だった場合、夫(納税者)が38万円の配偶者控除を受けることができ、夫の所得税が減ります。また、103万円を超えても188万円までは配偶者特別控除が適用となり、38万円~3万円の控除が受けられます(いずれも夫の収入が900万円以下の場合)

・住民税

サラリーマンの住民税は「特別徴収」といって、税務署から通知された税額を会社が給与から天引きし、納税者に代わって各市町村へ収められています。このとき、副業先の所得を合算して計算された税額が会社に通知されるので、副業していることが分かります。一方「普通徴収」といって、住民税を納税者自ら支払う方法もあります。副業先の住民税の特別徴収を避けて、普通徴収を選択するということも可能な場合があるので、副業先やお住まいの市区町村に確認しましょう。

・マイナンバー

マイナンバーとは、国民一人ひとりに割り当てられた12ケタの番号で、マイナンバー法の利用目的に基づいて、行政の税金や社会保険などの手続きに使用されます。就業先へのマイナンバーの提出が必要な場合や、確定申告をする際にも必ず必要なものです。現在は、マイナンバーカードを作成していなくても、通知カードの個人番号と身分証明書の提示で処理できる手続きも多くあります。あくまで行政の効率化を図るためにある制度なので、自治体や税務署が副業についての情報を開示することはありません。

さっそくWワークがしやすいお仕事の求人を探してみる!

Wワークをする上で、注意したいポイントとは?

いざ、Wワークをはじめてみたものの、「思ったより体力がもたなかった」「Wワークの時間が延びて、本業に支障が出てしまった」などの失敗談もあるようです。そうならないためには、何に気をつけたらよいでしょうか。

●頭に入っていると思っても、必ず書き出してしっかり「時間管理」

曜日ごとに仕事を分けている場合は、週や月間のスケジュールをしっかり手帳などに記して計画を立てます。少し難しいのは、1日に2つの仕事を掛け持ちする場合。このような場合は必ず「余白時間を持つ」ことが重要です。ぎちぎちに予定を詰めていると、何か起こった時の対処が難しく、気持ちも疲れてしまうかもしれません。

●生活リズムや体調を崩さないための「体調管理」

収入を増やすためには、日中働いて深夜も勤務などという場合もあるかもしれませんが、そんな場合でも必ず休む日をとることです。そのさじ加減をつかむためには、日頃から自分の体調を注意深く観察する習慣が必要で、「体が疲れを感じてきたな」と思ったら、しっかりと休むことを心がけましょう。

●育児中は、「家族の体調管理」がマスト

子どもの体調は突然変わるもの。勤務先には、必ず子どもがいること(年齢や通い先まで詳しく)を伝えておき、急なお迎えに対応できるようにしておきます。在宅での仕事の場合は、一日の中で子どもと密に過ごす時間帯を決めること、ほんの5分間でも手を止めてしっかり向き合うことなどをおすすめします。行政による保育のサポートも充実してきていますから、登録なども事前に済ませておくと安心ですね。

さっそくWワークがしやすいお仕事の求人を探してみる!

「Wワーク可能」の求人はどういう意味?Wワークにおすすめの仕事?

Wワークという言葉は聞きなれないですし、「そんな都合のいい話は怪しいのでは?」と不安になることも。ですが、実際には業務内容が単発、短時間という意味合いの場合が多いです。どのような仕事があるかみてみましょう。

●「シフト制の仕事」は、時間管理がしやすい

アルバイトというと、シフト制の仕事が多いですよね。ファミレスなどの飲食店、コンビニやスーパーのスタッフ、オフィス系(コールセンター・電話対応)、物流(配達・集配)など、時間がしっかりと決まっているのでスケジュールを組みやすいのが特徴です。

●「単発の仕事」は、空いている日を有効活用

時間固定勤務の仕事ではなく、スキマ時間にできる単発の仕事もあります。美容モニターはエステの施術や健康食品などを体験し、その感想などの情報を提供することで報酬がもらえます。ショップのイベントPRや、コンサートやライブの運営スタッフ、引っ越しなども1日から働くことができて日払いが可能なものもあります。

●「短時間・早朝・深夜勤務の仕事」は、本気で稼ぎたい方に

工場勤務の軽作業(仕分け・梱包)など、シフト制の仕事の中には早朝や深夜勤務のものも多くあります。本業の始業前や就業後の時間を利用してWワークする方もいますが、体力のある方向けかもしれません。

●在宅ワークの仕事

アンケートモニターやデータ入力の仕事は、自宅のパソコンやスマホからできるものが多く、自分の好きな時間を仕事にあてて、仕事量も調節しながら行えることが魅力です。登録も簡単ですし、収入額を調節すれば税金なども考慮せずに収入を得られます。

さっそくWワークがしやすいお仕事の求人を探してみる!

Wワークで得るものは収入だけじゃない!積極的にチャレンジしよう

もし、 Wワークをはじめてみたいと思うなら、まず本職の会社の就業規則に反していないか、しっかりとチェックしましょう。また、自分にできるかどうかという不安に関しては、やってみないとわからないという点もあります。しっかりと計画を立てて取り組むことは大切ですが、途中で予測していなかったことが起きた場合は、それを踏まえて修正をし、自分のWワークスタイルを作っていきましょう。収入が増えるだけでなく、やりがいや充実したライフスタイルも手に入るかもしれません。

dジョブにはWワークがしやすい仕事が多くありますので、まずは自分に合った仕事を検索して応募してみましょう! 今までにない自分だけの働き方がみつかるといいですね!

【かしこく収入アップ!】
ライフスタイルにあわせて稼ぐ「Wワークがしやすいお仕事」の求人

詳しくはこちらから

【はじめてでも安心♪】
未経験可のお仕事がたくさん!「軽作業」の求人

詳しくはこちらから

【短時間でも高収入!】
ガッツリ効率よく稼げる「高時給」の求人

詳しくはこちらから