【人気の職種ランキング】円グラフに見る私が輝けるパート・アルバイト!主婦1500人に聞きました

せっかくパートで働くなら、人気の高い職種に就きたいもの。子どもの年齢や家庭の状況によって働ける時間や働き方は変わるので、今の自分にベストな環境でできる仕事が見つけられたら良いですよね。そこで今回は、「dジョブスマホワークの主婦ユーザー1500人」に向けてアンケートを実施してみました。

アンケート対象は主婦限定で、その中でも30代40代が多く、それに続いて20代と50代の方が同じ割合。パートやアルバイトを「していないが今後働きたいと思っている」が61%、「している」が39%。扶養範囲内で働くことを「希望している」が約60%、「希望していない」が約40%と、こちらもほぼ同じ割合でした。

気になる結果はというと……子育て中の主婦に人気の職種ランキング、栄えある1位は「事務職」。続く2位は「レジ・販売」、3位は「軽作業」という結果となりました。 気になるのは、この職種を選んだ理由。子どもの年代によって、選ぶ職種が違ったり同じ職種でも注目するポイントが違ったりするものなのでしょうか? 周りの主婦たちがこの仕事を選んだ理由を詳しくみていきましょう。

さっそく主婦歓迎の求人を探してみる!

快適なオフィスでデスクワーク!第1位 事務職(データ入力、資料作成等)

堂々の一位となったのは、不動の人気を誇るデスクワーク。PC操作やデータ入力、資料作成、ファイリングなどの一般事務。来客や電話応対が含まれる職場もあります。冷暖房の効いた快適な環境下でのデスクワークは、無理なく続けられて融通も利くせいか、希望者の多い職種です。

●「事務職」を選んだ、みんなの声

*就学前の子どもを持つ主婦 「結婚前に働いていた職種で経験があるから。デスクワーク・PCが得意だから」

*小学生の子どもを持つ主婦 「デスクワークは座り仕事で体の負担が少ないから」

*中学生以上の子どもを持つ主婦  「長く続けていて、慣れているから」

ひとくちに事務職と言っても、働く職場によって仕事内容や勤務条件は異なります。しかし、社会人経験として事務職に慣れている女性は多く、「職場が違っても早くその職場の事務の仕事を覚えられるから」という選択理由が多く見られました。また、年齢が高くなっても体力的に長く続けられる仕事という点も大きなポイントのようです。

さっそく事務職の求人を探してみる!

主婦仲間で楽しく接客業!第2位 レジ・販売(100円ショップ、ドラッグストア、スーパー、コンビニ等)

続く第2位は、レジ・販売の仕事。100円ショップやドラッグストア、スーパー、コンビニなど、身近にあって商品知識にも困らないレジ・販売の仕事では、子育て中の主婦を積極的に雇用しており、お店のターゲット層と働く人とがマッチしている仕事だと言えそうです。

●「レジ・販売」を選んだ、みんなの声

*就学前の子どもを持つ主婦 「近所で普段利用していて商品に慣れている。シフトの都合もつきやすく求人が多いから」

*小学生の子どもを持つ主婦 「接客や体を動かすことが好きで楽しいから。主婦の就業率が高いから」

*中学生以上の子どもを持つ主婦  「年齢が高くても雇ってもらえて、経験があり慣れているから」

その他、「学生時代などにアルバイトした経験があるから」という理由に次いで、「楽しそうで、やってみたかったから」という理由が多く見られたことが印象的でした。近所にあって通いやすいという条件面に加えて、扶養範囲内で働く中でも「コミュニケーションスキルを磨きたいから」など、接客業はポジティブな理由で選ばれている傾向が頼もしいですね。

さっそくレジ・販売の求人を探してみる!

コツコツ手作業で達成感!第3位 軽作業スタッフ(梱包・仕分け・商品管理等)

そして続く第3位は、軽作業スタッフの仕事。化粧品、日用品など、取り扱うものが小さく軽い分野では、梱包・仕分け・商品管理のほか、シール貼りや荷積みなどが主な仕事内容です。また、食品工場では食品の製造や加工・調理業務などで主婦の求人が多数あります。

●「軽作業スタッフ」を選んだ、みんなの声

*就学前の子どもを持つ主婦 「誰でもできて、簡単で、経験が不要。短期間でも働くことできて時間の融通がききそうだから」

*小学生の子どもを持つ主婦 「黙々と手作業に打ち込める仕事が好きだから」

*中学生以上の子どもを持つ主婦  「無理なく自分のペースで働けるから」

また、軽作業でも菓子工場や商品組み立てといった作業をおこなう工場、荷物の積み下ろしなどを行う倉庫などの仕事では制服貸与の場合も多く、服装などを気にする必要がないというメリットも。ほかに体を動かす仕事の中では、未経験OKなのに他の職種より時給が高めという点も見逃せません。ものづくりの現場では、「きれいにできた!時間内に量をこなせた!という達成感を味わえる」という声もあり、やりがいをダイレクトに感じられるのもこの仕事の特徴です。

ここまで、もっとも人気の高かったベスト3をご紹介しましたが、ご自身の興味のある職種と一致していましたか? それ以降の気になる順位は、4位:受付事務・医療事務(クリニック、塾、クリーニング店等)、5位:飲食店スタッフ(ファミレス、カフェ等)が人気の職種として登場していました。

さっそく軽作業の求人を探してみる!

主婦が仕事を選ぶポイントって?最も譲れない条件ベスト5

人気の職種の次は、仕事を探す際に「最も譲れない条件」は何か、dジョブの検索機能「こだわり条件」から抜粋した中から選んでいただき、総合ランキングとしてまとめてみました。

1位:残業なし

2位:シフト自由

3位:未経験OK

4位:高収入

5位:副業・WワークOK

子育て中の主婦全体で選ばれた譲れない条件の上位はこんな結果に。しかし仕事を選ぶ時のポイントは、子どもの年代によって多少違いがあるようです。そこで子どもの年代別に最も譲れない条件の理由をもとに、傾向を分析し以下にまとめてみました。

●「就学前の子どもを持つ主婦」

子どもが小さいうちは、まとまった時間を確保して働くことが難しい時期。子どもを持つ主婦として初めて働く方もいらっしゃるでしょう。入園のタイミングで短時間パートから始め、働くブランクを最短にできればいいですね。反面、産休・育休後に職場復帰し、副業としてパートやアルバイトをこなす方も。どちらにしても働く時間が重要視されています。働きに出るのが難しい場合は、在宅ワークや第4位にランクインしている医療事務などの資格を今のうちに取得しておくこともオススメです。

●「小学生の子どもを持つ主婦」

子どもが就学したタイミングで働きに出る方が急増する傾向にあり、「未経験OK」の条件で探す割合が高いようです。とはいえ小学生も急な体調不良などのお迎え要請や学校行事、習い事などの送迎などがあり、子どもや家庭を優先に働く主婦に理解がある職場環境が必要です。急なお休みをもらう場合にも代わりの人を探す必要の無い「シフト自由」は、子育てと仕事を両立させる条件として外せません。欠勤が続いて収入減になってしまう場合は、軽作業など一日から働けるスポットバイトで補う対策もあります。

●「中学生以上の子どもを持つ主婦」

子どもが中学生以上になると、子どもとの時間優先で選んでいた仕事を、マイペースに働ける仕事へと徐々にシフトチェンジしやすくなってきます。教育資金や老後資金の貯蓄のため扶養範囲内の働き方を見直し、再就職や副業・Wワークを希望する方も多くなるようです。仕事をかけもちする分、働ける時間が限られてくるので、深夜や早朝・休日出勤の飲食店スタッフなど時給の高い職種を希望する傾向が高まっています。

さっそく残業なしの求人を探してみる!

さっそくシフト自由の求人を探してみる!

さっそく高収入の求人を探してみる!

主婦が職種を選んだ理由を参考に、今の自分に合った仕事を探そう!

こうして見てくると、ランキング上位は主婦の譲れない条件に合った職種が選ばれているということがわかります。 子育て中は、自由に使える時間やお金が限られていて、誰かから感謝されたり社会参加している感覚が乏しかったりすることも。さらにワンオペ育児で、主婦の孤独感やストレスが社会問題にもなっています。

「現在は働いていないけれど、今後は働きたいと思っている」という方は、ランキングを参考に人気の職種から検討してみてはいかがでしょうか。 気になる仕事は、さっそくdジョブで検索! 「主婦 人気」で検索すると、お住まいの地域で何件もの求人がヒットします。さらに「平日のみ勤務」や「週1日勤務」など、絞り込むのも可能。一日のうち数時間でも外に働きに出ることで、子どもと離れ自分の時間を作ることは収入以上に大切ですね。ご自身の状況に合わせて自分らしく輝ける職場を見つけてください。

【残業なしやシフト自由も!】
働きやすさ重視の「主婦・主夫歓迎」の求人

詳しくはこちらから