短期単発で稼げる選挙バイト!その仕事内容や応募条件を紹介

選挙バイトは何だかカタそうだし、難しそうだと思っていませんか? 実は、思っているよりも単純な作業が多いことが特徴です。選挙という響きから、自分とは関係のない別世界だと感じている人が多いかもしれませんが、ひそかに「報酬が高い」「レアバイト」「官公庁系の仕事なので安心」などといわれていて、人気の求人です。今回は、そんな選挙バイトの具体的な仕事内容と報酬、気になる服装や髪色、ネイルなどの勤務時のエチケットについてご紹介します。

さっそく選挙バイトの求人を探してみる!

選挙バイトは基本的に短期単発! そのほとんどが誰にでもできる仕事

 

選挙バイトは、その名の通り選挙に関連する仕事ですので、短期単発で働くのが基本です。募集=選挙がある時期や、具体的な職種とその仕事内容、報酬について見てみましょう。

●選挙は頻繁にあるものではないので、選挙がある年はチャンス!

選挙は数年に一度しかありません。選挙は4種類で、衆議院議員と参議院議員の選挙、地方の首長・議員の選挙、特別の選挙です。特別の選挙とは、任期途中の死亡や辞職による場合などが該当します。このように、選挙はその都度人員を募集して行われます。投票日は日曜日で、投票所は公共施設などです。

●選挙バイトは当日までの短期バイトと、当日だけの単発バイトの2種類にわかれる

選挙バイトは、投票日前日までと投票日の2つに大きくわかれます。投票日までのバイトは、世論調査と期日前投票の受付の2種類で、こちらは約2週間の短期アルバイトです。投票日のバイトは会場設営や受付、開票作業、出口調査、データ入力をはじめとする事務全般の4種類で、基本的には投票日のみですが、前日に準備をする場合もあります。

●報酬が高いことが多い

選挙バイトの特徴として、報酬が高いことが挙げられます。報酬は日給制が多く、ほかの単発バイトと比較して金額が高いことに加えて、短期でも約2週間集中して勤務することで、「ガッツリ稼ぎたい」という人に向いているといえます。また交通費別途支給ということも魅力のひとつです。

さっそく選挙バイトの求人を探してみる!

【短期の選挙バイト】投票日までのバイト2種類

投票日までの短期バイトには、世論調査と期日前投票の2種類があります。選挙のどれくらい前からはじまって、具体的にどのような業務をするのか、それぞれ見てみましょう。

●世論調査

世論調査では、投票に行くつもりがあるのか、どの政党や候補者に投票をするつもりなのかを有権者に聞いて調査します。新聞社による募集が多く、用意されたリストと質問票にもとづいて電話でヒアリングをします。新聞社を名乗るとはいえ、支持政党はデリケートな問題なので、回答してもらえないこともあると理解しておきましょう。

●期日前投票

期日前投票とは、投票日には投票できない人のために設けられた「事前投票」ができる仕組みのことです。期間は投票日の前日までの約2週間で、その間、公民館などの公共施設で投票の受付をします。期間中は毎日勤務するのか、自分の都合のいい日を選べるのかは案件によって違いますので、よく確認しましょう。

さっそく選挙バイトの求人を探してみる!

【単発の選挙バイト】投票日のバイト4種類

投票日の単発バイトには、会場設営や受付、開票作業、出口調査、データ入力の4種類があります。当日の仕事は基本的に1日がかりで、長時間になることも多いです。具体的な業務をそれぞれ見てみましょう。

●会場設営、投票受付

投票所の設営は前日に行われることもあります。会場設営では、投票所となる公共施設などに投票箱や記入台、机、椅子、文房具などを配置します。投票の受付は、有権者の受付と案内、投票用紙の交付が主な業務です。投票時間は午前7:00~午後20:00となっています。

●開票作業

開票作業では、投票時間中に厳重に掛けられていた投票箱の鍵を開け、投票用紙を候補者別に選別します。また、無記入や候補者氏名以外のことが書かれている無効票、候補者の氏名ではなくニックネームなどが書かれている疑問票などを精査し、候補者別に投票用紙を一定の数で束にまとめます。

●出口調査

出口調査とは、投票を終えた人に投票所の出口で、どの政党や候補者に投票したのかを聞く仕事です。調査方法には、アンケート用紙に加えて、最近ではタブレットなどの端末を使って有権者自身に回答してもらい、その結果を送信するという方法もあります。端末は持ち込みまたは貸与ですので、どちらなのか確認しましょう。

●データ入力

データ入力は、出口調査で調査員から送られてくる情報をシステムに入力する仕事です。放送局などに待機し、各選挙区から上がってくる情報を入力します。開票がはじまると、集計が進むにつれて発表される得票数を入力します。作業は簡単ですが、選挙の開票速報の元になるデータを取り扱う大事な仕事です。

投票日の仕事をする場合、業務によっては自分の投票が難しいこともあるでしょう。そのような場合には、期日前投票をすることを忘れないようにしてください。

さっそく選挙バイトの求人を探してみる!

選挙バイトの応募や面接、バイト当日の服装などは?

選挙バイトの見つけ方や応募、服装などのエチケットについてはあまり知られていないでしょう。どこでどのようにして求人を見つけるのか、求人募集の特徴、面接時と勤務当日の服装などについてお伝えします。

●選挙バイトの見つけ方

選挙バイトは何も特別なバイトではなく、むしろ業務内容としては簡単なものが多いため、ほかのバイトと同じように求人サイトに掲載されます。派遣会社に登録をし、選挙バイトの実績を積んでいけば、求人情報が公開される前に声をかけてもらえるようになるかもしれません。

●選挙バイトの応募について

選挙には人手が大量に必要になるため、履歴書が不要なケースや、友人と一緒の応募を歓迎している業務もあります。世論調査や出口調査などでは、有権者から回答してもらえないこともあるため、途中でくじけず責任をもって最後までできるかどうか、面接で確認をされることがあります。面接時の服装は、特にかしこまる必要はありません。

●勤務当日の服装

勤務に当たって服装などの条件がある場合には、求人情報に服装や髪型、髪色、髭、ネイル、アクセサリーについて明記されていることが多いです。服装に特に指定がない場合には、いつも通りで問題ありませんが、「業務による」など、不明確な場合にはしっかりと確認をしておきましょう。データ入力など人前に出ない仕事の場合、あまり決まりはありません。

さっそく選挙バイトの求人を探してみる!

なかなか経験できない選挙バイト! 高額を稼げる優良案件

基本的に、選挙バイトは数年に一度しかやってこない好条件のレアバイトです。簡単な作業が多いわりに、高時給、短期単発でサクッと仕事してガッツリ稼げるとなれば、条件が合えば誰もが飛びつきたいところでしょう。

知る人ぞ知る人気バイトですから、募集がはじまるとすぐに人員の枠が埋まってしまう可能性が高いといえます。テレビやネットなどで選挙のニュースを見かけたら、まずは選挙バイトの募集をチェック。dジョブにも選挙に関するバイトがアップされているので、チェックしてみてください!

【高時給・短期単発!】
好条件のレアバイト「選挙バイト」の求人

詳しくはこちらから

【短時間でも高収入!】
ガッツリ効率よく稼げる「高時給」の求人

詳しくはこちらから

【毎日が給料日♪】
今すぐ稼ぐ!「日払い・週払い」の求人

詳しくはこちらから