収入アップが可能なデリバリーバイト!メインでガッツリ働くのもサブでサクッと働くのもOK!

ドローンの登場やUber Eatsの上陸など、フードデリバリーサービス業界に革命が起きています。スマホで地図アプリを駆使し効率良く配達することで労力を減らすなど進化をみせていて、デリバリーバイトの初心者や土地勘の無い人でも安心して働き始めることができます。今回はそんなフードデリバリー業界の動向やデリバリーバイトのメリット・デメリット、求人情報などを紹介します。従来のシフト制から、スキマ時間を有効活用できる短時間のものまで選ぶことができるので、自分に合ったデリバリーバイトがきっと見つかりますよ。

さっそくフードデリバリーバイトの求人を探してみる!

IT技術の進化とともに成長し続けるフードデリバリー業界!

店舗毎に雇用されて配達を担う従来の形態だけでなく、デリバリーを専門で行うデリバリーサービスへの委託が進むなど、デリバリーバイトの働き方の幅が広がっています。そんなデリバリーバイト事情を紹介します。

●デリバリー業界がどんなものなのかをチェック

飲食業界に位置するデリバリー業務は、ファミレスやファストフードなどの外食産業、お弁当などの中食産業、自炊用の食材を取り扱う内食産業でも需要が高まり、国内ワーストの人手不足問題を抱え、ITの活用や多様な働き方を推進し労働環境を改善する動きが加速しています。料理の注文・決済がネットやスマホの専用アプリひとつで完結、フードテックサービスをフル活用したデリバリー専用レストランなども登場しています。こうしたITの進化・新サービスの出現により、従来のお店では人手不足を補い業務の効率化が可能になったり、これまで配達をしていなかったお店でも配達専門のデリバリーサービスを使って、デリバリーができるようになってきました。

 ●デリバリーってどんなことをする仕事?

接客業なので、「食」や「人と接すること」が好きで働き始める人も多い従来のデリバリーの仕事は、お客さまからの注文を受けて出来上がった料理を配達し、料金が現金精算の場合は会計業務も担います。配達の合間にお店のチラシやクーポンのポスティング業務が含まれる場合もあります。注文はほとんどがネットか電話での注文で、注文を受けてから商品を作ることが多く、お店によっては調理と配達を兼務しているバイトもあります。

Uber Eatsなどのフードデリバリーサービスの場合は、配達パートナーと呼ばれる人たちが自転車やバイクを使って注文された料理や飲み物をお店まで受け取りに向かい、配達先に届けます。料金はネット決済のみなのでお金のやり取りは発生しません。

 ●デリバリーバイトの時給相場、メリット・デメリット

デリバリーバイトの時給相場は地域によって多少の違いがありますが、雇用契約を結ぶデリバリー専属スタッフの場合900円前後、生協など食材のルート配送スタッフの場合1,100円前後、洗い場やレジなど店舗内の業務を含むバイトでは1,200円前後と、ほかのバイトと比べて少し高めです。扶養範囲内で働きたい人にとっても、「繁忙時間帯の一日2時間~」など短時間から働ける求人が多く、自分で調整できる働き方もできるためスキマ時間を有効活用しながら働けます。雇用契約を結ばず配達ごとに報酬が発生する仕組みのUber Eatsは、収入からの時給換算がその人の働き方によって変わります。

この職種の共通するメリットは、アクティブに体を動かす仕事なので運動不足解消や気分転換にもなることです。店舗に所属している場合は、おいしいまかない付きや従業員割引があるところが多いことなどが嬉しいメリットです。

デメリットとしては、雨や雪の日など悪天候の日の配達が大変なこと、夏の暑さや冬の寒さ対策が必要なこと、配達中はワンオペ作業となるため臨機応変な判断力が必要になることです。ただし、それは仕事に慣れるに従って対応力が養われていくということでもあります。

さっそく配達・配送・宅配便の求人を探してみる!

働きやすい条件でメインも掛け持ちも可能なデリバリーバイト求人情報

高時給なのでシフト制でしっかり働いてガッツリ稼ぐもよし!スキマ時間だけ働くこともできる働き方でほかの仕事との掛け持ちもよし!そんなデリバリーバイトの求人と応募方法を紹介します。

 ●どんなお店がデリバリーをしているのかチェック

定番のピザ、寿司、お弁当、カレーのほか、お好み焼き、ハンバーガー、流行のタピオカドリンクなど最近は、桶や丼などが軽い使い捨て容器に変わり、回収作業が不要で腕力に乏しい女性でもチャレンジできるようになっています。また、乳製品の配達、給食や食材の配送など、トラックや専用車を使ったルート配達の求人もあります。

●どのくらいの時間バイトをするか柔軟に選べるのが魅力

シフト制で1日8時間勤務の求人などは、ガッツリ稼ぎたい人におすすめです。週ごとにシフトを作成しているところも多く、「週1日からOK」「平日のみ・土日のみでもOK」の求人もあり、時間も「1日3時間からOK」など、スキマ時間の有効活用やWワークもできる求人も多いので自分の都合に合わせて選ぶことができます。

●どうすれば働ける? 応募方法は?

電話で希望する店舗に連絡をするか、ネットから求人情報へアクセスし応募します。その後店舗に履歴書を持参し面接を経て採用が決まります。Uber Eatsでは、履歴書・面接不要でWebからエントリー登録。その後、全国主要都市にあるパートナーセンターで本登録をすることで働き始めることができます。

さっそくWワークの求人を探してみる!

デリバリーバイトに特別必要な免許ってあるの?

デリバリーバイトというと三輪バイクや車で配達するイメージがありますが、デリバリーバイトに特別必要な免許があるのでしょうか?また、保険や労災についても合わせてお伝えします。

●特別な免許は不要! 自転車や車の運転好きにおすすめ

普通自動車運転免許(AT限定可)があればOKです。原付バイクにしか乗らないのであれば原付免許だけでも大丈夫。自転車を使う配達では、自転車に乗れればOKの求人もあります。ほとんどの求人では所属する店舗で専用のバイクや車を用意してくれますが、Uber Eatsなどでは自分で用意する必要があり「ドコモ・バイクシェア」など、お得な利用料金で使用することができます。自転車も電動なら坂道もラクラク。デリバリーバイトの場合運転は必須なので、運転好きな人にとっては天職かもしれません。

●交通ルールを確認しておこう

原付バイクの場合、30km/hの制限速度や二段階右折など原付バイク特有の交通ルールがあります。働き始める前に再確認が必要です。原付バイクに乗るのが久しぶりだったり、免許はあっても乗ったことがなかったりという場合は、自動車教習所などで原付バイク講習を受講することもおすすめです。自転車も道路交通法の改正がたびたび行われているので、実際に働き始める前に再確認しておきましよう。

●デリバリーバイトに交通安全は必須

通常のデリバリーバイトを雇用する店舗や企業では、保険や労災が完備され適用されます。求人情報に記載が無い場合は事前に問い合わせて確認しましょう。

Uber Eatsでは雇用関係が無い業務委託契約のため労災が適用されませんが、2019年10月1日より傷害補償制度の提供を開始しています。専用アプリに安全機能を追加し、交通安全イベントや交通安全セミナーを開催して配達パートナーの安全に配慮した取り組みが強化されています。

さっそくフードデリバリーの求人を探してみる!

デリバリーバイトは安全第一! 安心して働けるサポート制度

デリバリーの仕事は配達時間を守るだけでなく、安全に届けることが大切です。普段から体調管理と適度な休憩を心がけましょう。働きやすい仕組みも整っていて、初心者でも安心して働くことができるので、その内容についてもお伝えします。

●配達や接客など業務内容に不安?

車や原付バイクでの配達や接客など、1人で行う業務に不安を抱くかもしれませんが、マニュアルや研修があるところがほとんどです。宅配ピザ大手ドミノ・ピザジャパンでは、eラーニング研修システム「Mammoth(マンモス)」を導入。実務研修と組み合わせて業務内容を効率的に習得できる仕組みになっており、新人バイトはもちろん段階的にスキルアップやレベルアップが可能で、店長を目指せるシステムです。フードデリバリーサービスのUber Eatsでは、トラブルなどの緊急時は専用アプリのヘルプ機能の利用や、パートナーセンターに連絡をすることでサポートを受けることもできるので安心です。

●土地勘が無くても大丈夫?

店舗に所属してのデリバリーバイトは、ベテランスタッフに同行し仕事を覚えるところから始める店も多く、慣れてきてからひとりで配達を任されるようになります。カーナビやスマホの地図アプリ・配達支援アプリを使う方法が主流なので、道に迷う心配も少なく周辺地理に詳しくなくても気負い無く始められます。それでも配達途中道に迷ってしまったときは、必ず安全な場所で一時停止してからスマホで道を調べて難局を乗り切りましょう。

●上手に休憩をとりながら安全第一のデリバリーを

安全運転のためには、まず自分の体調を整えておくことが第一です。さまざまな勤務条件の求人があるので、自分に合った働き方を選ぶことができます。バイトの掛け持ちやスキマ時間に副業としてデリバリーバイトをする場合は、働き過ぎなど無理することが事故につながる可能性もあります。休日や休憩時間はしっかり休みつつ、体調に注意して働きましょう。また、配達に使う車やバイク・自転車などのメンテナンスを怠らないことや、夜間や悪天候の日は特に視界や路面状態が悪いので注意しましょう。

ライフスタイルに合わせて無理なく働けるデリバリーバイト

ITを活用したシステム作りや整った研修制度、安全対策への配慮など、日々進化し働きやすい環境の整備が進んでいるデリバリーバイト。求人数も多く、かつ高時給。シフト制のものから短時間でOKのものまで幅広い求人があるので、ガッツリ働きたい人にも、スキマ時間で働きたい人にもおすすめのバイトです。仕事に慣れてくれば無駄の少ない動き方や上手な休憩のしかたも身に付き、アクティブに体を動かす仕事なので自然と体力も向上します。

デリバリーする料理のジャンルも、働く時間の選択肢も豊富なデリバリーバイトの求人情報はdジョブに掲載されています。ぜひ挑戦してみてくださいね。

【マニュアル充実で安心!】
今流行の「フードデリバリー」の求人

詳しくはこちらから

【かしこく収入アップ!】
ライフスタイルにあわせて稼ぐ「Wワークがしやすいお仕事」の求人

詳しくはこちらから

【運転が好きな人におすすめ!】
高時給な「配達・配送・宅配便」の求人

詳しくはこちらから