工場の仕事にはどんな種類があるの?募集される職種や仕事選びのポイントを知りたい!

製造業のなかでも工場で働くことに興味を持ったら、まずは工場求人について知っておきましょう。作っている製品、そこで働く人の職種、勤務体制など、工場ならではの特徴があります。そこで今回は、求人数などの求人の全体像や、工場で募集される職種、仕事内容、勤務体制などについてお伝えします。工場特有のちょっとうれしい特典についても合わせてご紹介しますので、仕事探しにお役立てください。

さっそく工場の求人を探してみる!

「応募の前に知っておきたい基礎知識」 まずは日本の工場について知っておこう

経済産業省がまとめた「平成29年工業統計」によると、平成29(2017)年6月1日現在での、製造業の従業者数は約757万人です。製造業は、今も日本でもっとも従業者数の多い産業のひとつといえます。製造業の中にもたくさんの種類があり、大きく分けて金属や繊維、食料品、機械、化学などが代表的なものとして挙げられます。従業者数が多いのは金属や繊維、食料品などです。厚生労働省の「労働経済の推移と特徴」によれば、2009年ごろから求人数が増加しているにもかかわらず、少子高齢化の影響で求職者数が減少していることから、求人は売り手市場(求職者が有利な状況)が続いていると報告されています。

出典:「工業統計調査」(経済産業省) (http://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kougyo/index.html

出典:「労働経済の分析」(厚生労働省)(https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/roudou/17/17-1.html

さっそく工場の求人を探してみる!

工場の仕事は、製造ラインと部品供給、ライン管理の3種類・7職種

現在、売り手市場とされている工場の仕事。実際にどんなものがあるのでしょうか? 工場には大きくわけて、「製造ライン」「部品供給」「ライン管理」の3種類があり、そこからさらに7種の仕事に細分化されています。どのセクションで、どんな仕事が行われているのかを見てみましょう。

・製造ラインの仕事:組立、加工、検査、仕分け(作業者/オペレーター)

製造ラインでは、材料を加工機器に投入したり、ベルトコンベアの前や決まった作業場所で部品の組み立てや、機械の操作をして金属やプラスチックなどを加工したりする仕事があります。できあがった部品や製品が決められた仕様を満たしているか検査をする仕事や、同じ種類に分けて運搬する箱に入れる仕分けの仕事もあります。

・部品供給の仕事:部品供給(フィーダー)、ピッキング(フォークリフト)

部品供給は、作業者に必要な部品が不足しないように、ほかの製造ラインや倉庫から部品を運ぶのが仕事です。金属などの重い部品を運ぶ場合には、台車だけでなくフォークリフトを運転することもあります。製造ラインは一定のスピードで流れているので、どこかの作業が止まってしまうとライン全体に影響することから、部品供給も製造の大切な仕事の一部です。

・ライン管理の仕事:製造ラインの管理者(スーパーバイザー)

製造ラインが順調に動いているか、どこかの作業に問題がないか、生産のスピードや品質が要求を満たしているかなど、製造ラインの管理をする仕事です。何らかの問題で製造ラインが止まってしまった場合の問題解決や、作業者が急な病気などで仕事に来られない場合の対処など、製造ラインを維持管理します。 工場での仕事は基本的に立ち仕事です。金属加工など、業種によっては重いものを持ち運ぶ力仕事になることもあります。その一方で、重い部品がない組み立てなどの軽作業では、女性の就業率が比較的高いようです。

さっそく工場の求人を探してみる!

週休2日あり、シフト制あり。働き方が選べる工場勤務、休日について

工場で働くときに気になるのが休日やシフトなどの勤務体制です。出勤日や勤務時間、交代制についてご紹介します。

・2交代制、3交代制などのシフト制

2交代制とは工場の稼働時間を2つのグループで、3交代制なら3つのグループで交代しながら勤務する勤務体制です。日勤と夜勤という場合もあり、主に日中の勤務をするグループと夜勤をするグループに分かれます。

・休日は週休2日のところが多い

製造ラインでは、ラインを頻繁に止めたり動かしたりするよりも、一定のスピードで動かし続けるほうが生産性は安定します。祝祭日に休業をせず工場を稼働することや、24時間体制で生産をすることは、作業者や生産機器の負担をならすという意味合いもあるのです。月曜日から金曜日まで稼働して、土日に休業するというところが多いため、週のどこかに祝祭日があっても、休業日にならないと考えておきましょう。

・年末年始やお盆休みなどは長期連休が多い

祝祭日に仕事をする分、年末年始やお盆休みは9日間以上の長期連休となることが多く、しっかりと休めて、長期旅行や趣味など、リフレッシュの時間を取ることができます。

・製品の売れ行きによって忙しさが変わる

いくらものを作っても、売れなければ意味がありません。製品の売れ行きが好調なら、工場は土日も休まずフル稼働することもあり、休日出勤手当が支給されたり、平日に交代で休みを取るシフトになることもあります。その反対に売り上げが不調ならお休みが多くなることもあります。

さっそく工場の求人を探してみる!

ちょっとうれしいこんな特徴

工場勤務には、ちょっとうれしい特徴があります。社員食堂や寮、すぐに支払ってもらえる日払いなど、工場ならではの特典をご紹介します。

・未経験者OKや年齢不問な求人も多い

未経験者でも採用されやすく、夜勤をすれば若いうちから高額の報酬を得ることも可能で、社員食堂や寮の完備で生活費も抑えられます。また、「学歴不問」「40代OK」という求人が多いところも特徴です。

・社員食堂、寮

工場は24時間体制で稼働することがありますので、たいていの場合、食堂や寮があります。社員食堂では日替わり定食や麺類、丼ものなどが常に用意され、数百円程度で割安に食事をすることができます。昼食や夕食は社員食堂でまかなうことができるでしょう。 社員寮を設けている工場も多いです。工場との距離は、歩いて行ける近さから、電車や車での移動までとさまざまです。何といっても賃貸物件に比較すると寮費が格安なことと、食堂設備が併設されていれば朝食や夕食を自分で作らなくても済むというメリットがあります。

・友人同士やカップルの応募OK

応募の際に友人同士やカップルでの応募を受付けてくれる会社もあります。自分一人では少し心細いけれど、友人や恋人がいれば頑張って働けるという人にはうれしい制度です。

・日払い、前払い

すぐにお金が欲しいという人は、日払いや前払い制度があるところを選びましょう。日払いではその日の仕事終わりに現金で支払われます。前払いでは1回あたりの支払い金額や支払い回数に制限が設けられているのが一般的です。通常は、一定期間の勤務を経た人が申請をし、受理されると前払い金が支払われます。新しい職場で働きはじめるときには、まとまったお金が必要になることもありますので、相談してみましょう。

・外国人への語学サポート

最近では、外国人の労働者が増えています。そのことを受けて、日本語の研修を行う会社も増えつつあります。言葉に不安がある外国人にとっては、仕事をしてお金がもらえる上に言葉も勉強できて一石二鳥です。

さっそく工場の求人を探してみる!

工場求人に応募するメリットは、受け入れ間口が広いこと

工場にはさまざまな人がいて、役割分担をしながら毎日工場を稼働させています。そこにあるのは、ものづくりというたったひとつの目的です。工場求人には、学歴や年齢などの応募資格はなく、多少人付き合いが苦手であっても、業務上必要なコミュニケーションが取れれば特に問題はありません。 また、未経験者でも採用されやすく、夜勤をすれば若いうちから高額の報酬を得ることも可能ですし、社員食堂や寮の完備で生活費も抑えられます。頑張ってスキルアップを重ねると技術力を認めてもらえるチャンスや、それにともなう昇格、昇給もあります。さらに経験を積めば製造ラインの管理者をめざすこともできるでしょう。 働きはじめはアルバイトや派遣社員だとしても、誠実に勤務し信頼を得て結果を残していけば、正社員に登用される機会もあります。多くの応募者に対して開かれている工場求人で、自分自身を試してみてはいかがでしょうか。

【幅広い年代の方が活躍!】
未経験OK・経験不問「工場」の求人

詳しくはこちらから

【毎日が給料日♪】
今すぐ稼ぐ!「日払い・週払い」の求人

詳しくはこちらから

【1日からでも働ける!】
効率よく稼ぐ!「短期・単発」の求人

詳しくはこちらから