どのショップで働く?どんな特徴があるの?自分にぴったりの販売系バイトを探すコツ

アルバイトには、販売や事務、飲食などいろいろな種類があります。なかでも、“販売系バイト”は、希望する人が多い人気の仕事のひとつです。ところが、同じ販売系バイトでも、勤めるショップによって客層や仕事内容は千差万別。自分に合ったショップを選べるかどうかによって、楽しく働けるかどうかが左右されてしまうこともあるのです。そこで、販売系アルバイトの種類や特徴、選び方についてまとめました。販売系バイトに興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。

さっそく販売の求人を探してみる!

販売系バイトの特徴

販売系バイトは、実際に商品を取り扱いお客さまに販売する仕事です。ほかのバイトと比べて、販売系バイトにはどんな特徴があるのでしょうか?販売系バイトで働くメリットについてもご説明します。

●接客がメインの仕事

販売系バイトには、「お客さまと接する」という大きな特徴があります。お客さまに気持ちよく買い物をしていただくためにも、言葉遣いや身だしなみなどをしっかりと整える必要があるでしょう。「接客マナーを覚えたい!」という人には、販売系バイトでたくさんの人と接することがいい経験になるはずです。また、企業の受付などの仕事とは異なり、販売系バイトの場合は立ち仕事がメインになります。

●商品知識やラッピングスキルを身に付けられる

いくらアルバイトでも、お客さまから見れば販売スタッフは「取扱商品のプロ」です。そのため、取り扱っている商品についての知識が必要になります。特に、携帯ショップや家電量販店などでは、機能や操作方法についての質問を受けることも多いため、マニュアルや研修制度も充実しており、最新の商品知識が身に付きます。 また、アパレルショップや雑貨店では最新の流行を知ることができるでしょう。さらに、プレゼント用のラッピングサービスを行っている店舗であれば、ラッピング技術やセンスも磨くことができます。

●自分の都合に合わせた時間で勤務できる場合も多い

販売系バイトは、募集する数自体も多く、ショップの営業時間も長めのところが多いため、自分の希望に合った時間帯で勤務できる可能性が高くなります。学生やダブルワーカー、主婦など、ライフスタイルに合わせた働き方をしたいと考えている人にとって、これはとてもうれしい特徴ですよね。

●幅広い年代のスタッフを募集しているお店が多い

販売スタッフは、年齢や経験を問わずに活躍できる仕事が多くあります。店舗によっても異なりますが、たとえば100円ショップやスーパーなどでは、学生から中高年の方まで、幅広い年代の販売スタッフが活躍していますし、未経験者歓迎の求人も多く見られます。

さっそく販売の求人を探してみる!

販売系バイトの種類にはどんなものがある?

お客さまに商品を販売する販売系バイトには、どんな種類があるのでしょうか?ここでは、メジャーな販売系バイトを中心に、それぞれのショップの特徴や種類、仕事内容について簡単にご説明します。

●100円ショップ

毎日の生活のなかに当たり前に存在している“100円ショップ”は、買い物で利用したことのある人も多いのではないでしょうか。100円ショップには、商品価格がほとんど同じという大きな特徴があります。 品数は多くても、会計はそれほど大変ではありませんし、会計間違いが起こりにくいともいえるでしょう。その代わり、発注や品出し作業は多くなる可能性があります。便利なアイデア商品も多いので、いろいろな100円ショップの商品を知りたいという方にもおすすめです。

●スーパー

販売スタッフとしてスーパーに入った場合は、レジ係に配属される可能性が高いでしょう。スーパーの仕事には、調理や品出しなどさまざまなものがありますが、お客さまに一番多く接するのがレジ係です。今はほとんどがバーコードに対応しているので、難易度は低く初心者でも可能です。 ただし、スーパーの特色によっても具体的な業務内容や難易度が異なります。たとえば、バーコードのスキャンは店員がやり、清算はお客さまが行うセミセルフレジを導入しているスーパーでは、それだけ仕事が簡単になるでしょう。その代わり、実際のレジ業務のほかに、セルフレジの使い方を説明する仕事があるかもしれません。バイト先候補の店内の様子や、設備などを事前にチェックしておくことで、仕事内容をある程度判断できますよ。

●携帯ショップ

携帯ショップの販売スタッフは、販売系アルバイトのなかでは珍しい“着席スタイル”で働けることも多い職場です。お客さまにわかりやすく携帯端末や料金プランの説明をする必要があるので、「人にものを教えるのが好き」、「携帯に詳しくなりたい」という人にぴったりです。

●そのほか

販売系バイトには、そのほか、菓子店や、パン屋、惣菜店といった食べ物販売系ショップやアパレル、雑貨などのおしゃれ系ショップ、家電量販店など、さまざまな種類があります。販売系バイトは、取扱商品に囲まれて働く仕事ですから、自分の好きなものや自信をもってお客さまに勧められるものを取り扱っているショップを選ぶのがおすすめですよ!

さっそく販売の求人を探してみる!

販売系バイトのありがちQ&A

販売系バイトで、実際に働きはじめたときに直面しがちなお悩みについてまとめました。疑問を抱えたままでいると、なかなか前向きに仕事ができません。疑問は早めに解決しておきましょう!

Q:勤務初日はどうすればいい?

A:販売系バイトの場合、従業員専用の出入り口を使う場合とそうでない場合があります。採用通知をもらったときに、「初日はどこから入ればいいですか?」「誰を訪ねればいいでしょうか?」と聞いておくのがいいでしょう。もし聞けなかった場合は、普通に入店して先輩スタッフに「今日からアルバイトをすることになった○○です。仕事の手順は誰に聞けばいいですか?」と、質問してみましょう!

Q:急にシフトに入れなくなったらどうする?

A:アルバイトとはいえ、お給料をもらって働いている以上、無責任なドタキャンはNGです。急な体調不良など、どうしても勤務できないという場合は、“行けない”とわかった時点で、早急に勤務先の責任者に連絡をします。欠勤しなければならない理由と、出勤可能になる日を伝えましょう。

Q:お客さまに難しい質問をされたら?

A:接客の仕事をしていると、「自分にはわからないことを質問されてしまった」「どうやって説明をすればいいかわからない」といった問題に遭遇することもあります。こういうときは、迷わずほかのスタッフや上司にヘルプを求めるのが正解です。自分ひとりで解決しようとすると、お客さまを待たせてしまったり、怒らせたりしてしまうこともあります。周りの助けを借りながら、どんな質問にも対応できる知識を養っていきましょう。

さっそく販売の求人を探してみる!

どのショップで働くか迷ったら?

「販売系バイトで働いてみたいけれど、種類がいろいろあって、どのショップを選べばいいのかわからない」ということもあるかもしれません。そういうときは、次のポイントを意識してショップ選びをしてみましょう。

・通いやすい立地か

・自分の好きな商品を取り扱っているか

・実際に働いているスタッフの感じはいいか

・周辺のショップと比べて時給はどうか

・自社製品の割引制度などプラスアルファのメリットがあるか

アルバイト先を選ぶときは、時給や立地、シフト面などを重視しているという人もいるかもしれません。しかし、実際にはたくさんの考慮すべきポイントがあります。条件を増やし、それぞれの条件に優先順位をつけることで、自然と自分に合うショップがどこなのかが見えてくるはずですよ。

さっそく販売の求人を探してみる!

販売系バイトは種類が豊富で選びやすい!

一口に販売系バイトといっても、いろいろな種類があります。また、同じ業種であっても、それぞれの店舗によって、スタッフの雰囲気や取扱商品の傾向、顧客の傾向などが異なるでしょう。まずは自分でそのショップに行ってみて、スタッフのひとりとして働いているところを想像してみるとよいでしょう。 時給や勤務時間などの条件面のチェックと合わせて、働きやすそうかどうか、自分が好きだと思えるかどうかについても検討材料に入れておくことが、自分に合った販売系バイトを見つけるポイントです!

【幅広い年代の方が活躍!】
未経験OK・経験不問「販売」の求人

詳しくはこちらから

【空いた時間を有効活用!】
スタイルに合わせて働く!「シフト制」の求人

詳しくはこちらから

【毎日が給料日♪】
今すぐ稼ぐ!「日払い・週払い」の求人

詳しくはこちらから