DTPオペレーターとは?仕事内容からやりがいまで徹底解説!

お役立ち記事一覧へ戻る

DTPオペレーターとは?仕事内容からやりがいまで徹底解説!

 DTPという言葉を聞いたことがあるでしょうか。DTPとは、「Desktop Publishing」の略称で、パソコンで印刷物を作成することを意味しています。現在世に出回っている印刷物は全てDTPによって作られているといっても過言ではありません。
DTPを支える職種としては、DTPオペレーターやDTPデザイナーが存在します。その職種、役割、周辺の情報をまとめましたので将来DTPオペレーターになりたい方や、DTP業界に就職を考えている方にとっては必見です。

DTPオペレーターってどんなお仕事?

●「DTP」とは?
「DTP」とはデスクトップパブリッシング「Desktop Publishing」の略称です。パソコン1台で印刷物を作成するための一連の作業を行うことを意味しています。

「DTP」以前には、デザインから版下、製版まで各プロセスの分業となっていましたが、現在ではパソコンを使いデジタルデータで製版まで対応しています。場合によっては印刷まで一気に行うことも可能です。

パソコン上でレイアウトから文字の入力、フォントの設定、画像の取り込み、カラーの選択まで作業できるのが「DTP」の特徴といえます。かつては複数の専門家が分担して行っていた作業も、いまや一人あるいは一台のパソコンで全て作成することができます。「DTP」に関わる職業としては「DTPオペレーター」と「DTPデザイナー」に分れる場合があります。

では、「DTPオペレーター」と「DTPデザイナー」は何が違うのでしょうか。

●「DTPオペレーター」と「DTPデザイナー」の違い
「DTPデザイナー」の役割は、チラシや広告など、印刷物に関してデザインを行うことです。デザインにはレイアウト、カラー、形状、フォント、イラストや写真の選定など、印刷物全体の作成が含まれます。

対して、「DTPオペレーター」の役割は文字詰め禁則処理やレイアウト調整を行い、プリント出力できる形に仕上げることです。またはデザイナーが作成したデザインをDTPデータに変換・作成することもあります。

なお、両方の業務をこなす人も少なくありません。デザインが得意なオペレーターであれば、両者の作業を同時にこなすこともできます。

DTPオペレーターの仕事内容は?

次にDTPオペレーターの業務を細かくみていきましょう。

●デザイン作成・編集
クライアントの指示や要望に沿ってデザイン作成を行います。また、書籍・雑誌やリーフレットなどであれば編集という作業にも関わります。

●入稿管理・チェック
文字ベースの原稿をDTPデータとして入力する作業を行いますが、その前段階として、入稿された原稿のチェックが欠かせません。また、その進捗や修正内容の確認、手配などの管理も必要です。

●データ入力・管理
入稿された原稿をDTPルールに従って入力していきます。

●記事校正
入力したデータを校正します。DTPオペレーターのメイン業務ではありませんが、DTPの業務では非常に大切な業務の一つであり、DTPオペレーターがこの作業を担う場合もあります。

●社内外資料作成
広告でも印刷でも、クライアントや協力会社との連携は必要です。打合せや全体会議では資料を用意しますし、報告書の作成もあります。オペレーターの立場からこれらの作業を行うこともあります。

●進行管理・調整
これもオペレーターのメイン業務仕事ではありませんが、実際には少人数での案件であれば兼任することもあります。案件がスムーズに進むためには進行管理がしっかりしている必要があります。

その他にも、外注選定・手配、受注受付対応、検査サポートなど、案件や所属する会社の規模によって様々な業務を兼任するケースもあります。

DTPオペレーターはどんな環境で働くの?

●勤務先
DTPオペレーターの勤務先にはどのようなところがあるのでしょうか。まずはデザイン事務所や編集プロダクション、印刷会社などが挙げられます。大きな企業では業種に関わらず、DTPオペレーターを含む専門スタッフを採用しているところもあります。例えば広告代理店ではデザイナーとオペレーターを雇用していますし、スーパーマーケットなどでもチラシの作成のためにDTPの部門を持っているところもあります。また、DTPオペレーターは実績を重ねた後に独立してフリーランスとして働いている方も多く、在宅ワーカーとして活躍しているオペレーターも多くみられます。

●勤務時間
DTP業界は比較的業務時間が多い傾向にありますが、業務の範囲や会社の規模によっても違いがあります。例えばデザイン事務所や編集プロダクションで働く場合、デザインから対応していると時間がかかりますが、オペレーター専任でスケジュールが決まっている場合は残業が少ないといえます。一般的には10時~19時ごろに働くケースが多いようですが、やはり納期前は残業が増える傾向にあります。

●給料
気になる月給・時給や年収ですが、平均的には一般企業の会社員よりはやや低めといわれています。デザインまで対応できる経験がある場合は、デザイナーとして優遇されますので、給与額も変わってきます。またフリーランスになれば仕事量や品質によって報酬も変わってきます。良い取引先を見つけることが出来れば、諸条件で金額は大きく違ってきます。

DTPオペレーターのやりがいは?

では、DTPオペレーターのやりがいはどんなところにあるのでしょうか。

●多くの人たちの目に触れるものを手掛けることができる
クリエイティブ業界ならではの達成感を感じる瞬間が、この仕事の醍醐味かもしれません。例えば自分が手掛けた書籍や雑誌が店頭に並び、それを手にした時は喜びもひとしおではないでしょうか。また、ポスターを街中で見かけた時、手掛けた制作物が思わぬ反響を呼んだ、掲載された商品の売上が上がったなどに、やりがいを感じる時があるようです。

●将来的にキャリアアップが見込める
DTPオペレーターに専任する人も多いのですが、この職種からステップアップし、より上流の工程に進む人も多いです。例えば、グラフィックデザイナー、出版社のエディター、クリエイティブディレクターなどです。DTPの基礎知識とキャリアをベースに、よりクリエイティブワークに進出することができます。

●手に職がつく
DTPオペレーターでは専門性の強いDTPソフトを使いこなせなければなりません。それは同時に手に職をつけることになります。現在もDTPオペレーターの求人情報は数多く、こうしたスキルはきっと役立つことでしょう。

DTPオペレーターになるにはどうしたらいいの?

次にDTPオペレーターになる方法をみてみましょう。

●必要な資格はなし
意外にも国家資格などの必須資格はありませんが、関連する資格はあります。DTPエキスパートやDTP検定などです。ただし就業に際しては、これらの取得は必須ではありません。
とはいえ、保持していると給与面で違いがある場合もあり、転職などでも有利になる場合があります。

●DTPソフトのスキルが必須
DTPオペレーターやデザイナーにとっては資格や学歴以上にスキルが大切といえます。デザイン系の大学や専門学校などで学んでいると、デザインの基礎知識からIllustrator やPhotoshop などDTPソフトを使うので、スキルも磨かれます。また印刷に関する基礎知識も必須です。

●DTPオペレーターに向いている人の特徴
DTPはどちらかというとコツコツと積み上げていく作業の連続です。その点でこの業種に向いているのは、コツコツとした作業が苦にならない人でしょう。一日中パソコンの前で仕事をするのが好きな人向きです。

また、クリエイティブな仕事に携わりたいと考えている人も有望です。デザイン的な感性も必要ですが、一方でDTPは、世の中に公開する作品を作る仕事なので、一文字の誤植も1ミリのズレも許されません。完璧主義者、あるいは緻密な作業が得意だと、この仕事では歓迎されるでしょう。

DTPはコンピューターを相手にする作業ですが、しかしクライアントや協力会社とチームで進める仕事でもあります。その点でコミュニケーション能力や、クライアントの意図を正確に把握できる理解力も必要です。ディレクターやデザイナーとの連携が大切なので、コミュニケーション能力は必須だといえるでしょう。

在宅ワークにおすすめ!

DTPに関する業務は在宅ワークにも大変なじみやすく、女性の就業比率も高いことが大きな特徴のひとつです。出産や育児、介護などと仕事との両立を考える方にとって、DTPオペレーターは魅力的な職種の一つといえるでしょう。