データ入力の内職とは?スキマ時間を活かして副収入をゲット!

お役立ち記事一覧へ戻る

データ入力の内職とは?スキマ時間を活かして副収入をゲット!

自宅で空いた時間に行うことができる内職として「データ入力」に興味を持っているという方は多いかもしれません。しかし、実際にどのような業務を任されるのか分からず不安を感じているという方も多いのではないでしょうか?ここでは、内職の中でも人気が高いデータ入力のお仕事内容やその仕事の見つけ方、仕事に従事する上で押さえておくべき注意点について説明していきたいと思います。

「内職のデータ入力ってどんなお仕事?」

最初にデータ入力の仕事に関する基本的な情報について解説します。

●データ入力の仕事内容
データ入力は、PCやスマホを使用して、指定されたエクセル形式のフォーマットなどにテキストや数字を入力していくといったものが基本的な仕事内容となります。具体的な作業方法は案件によって違いがありますが、紙や写真に書かれている文字を、指定のフォーマットに入力するという内容、が中心となっており、名刺や帳簿などの内容を対象とすることが多くなっています。また、Web上の情報を文章や数字に起こすものもあり、その場合、依頼者側からURLが指定されます。

明確な違いが言及されることは多くありませんが、内職とはPCを使用した仕事というよりは雑貨などを手作業で制作する仕事という定義がされることが多く、PCを使用した仕事は「在宅ワーク」として扱われることから、データ入力に関しても内職というよりは在宅ワークの一種として認識したほうが近いといえます。

●データ入力のメリット
データ入力のメリットとしては、PCやスマホが1台あればすぐに始められるという点が挙げられます。文字や数字を指示通りに入力する仕事であれば、専門的な知識も必要ありません。

また、自宅で仕事を完結できるという点もデータ入力のメリットのひとつです。企業からの依頼を受けて行う在宅ワークの中には、打ち合わせを行うために依頼者を訪問しなければならないこともあります。データ入力は基本的には打ち合わせを行うことはなく、この点においてもデータ入力は比較的手間がかからない仕事といえます。そのため、家事や子育てとの両立がしたいという方やほかの人と顔を合わせずに仕事をしたいという方、さらにはスキマ時間を有効活用できる副業を探しているという方にもデータ入力はおすすめです。

それに加えデータ入力にはキーボード操作やフリック入力に慣れている人であれば、スキルを活かせるというメリットもあります。特にブラインドタッチなどのスキルが身についていれば、その分多くの案件をこなすことで収入も増やすことが可能です。スキルが上がれば上がるほど収入を増やすことができるので、モチベーションを保ちやすいというメリットがあるともいえるでしょう。

「データ入力のお仕事の見つけ方」

データ入力未経験の方であれば、どこで仕事を探せばよいのかわからない方も多いでしょう。続いては、データ入力の仕事の見つけ方をご紹介します。

●インターネットで検索
データ入力の仕事を見つけるための最も効率的な方法のひとつとしては、検索サイトにて「データ入力」などのワードで検索をし、表示された仕事の紹介サイトに登録後、自身で仕事を検索して応募するというものが挙げられます。

これらのサイトでは、データ入力の仕事としてWebサイトのURLを一覧にしたり、音声を文字に起こしたりする仕事などを掲載しており、特にツコツ作業をするのが好きな人に向いています。これらの仕事の報酬は1件あたり数百円からが目安となっており、頑張り次第でより多くの収入を得ることが可能です。

dジョブスマホワーク

でデータ入力のお仕事を探してみる

https://sw.job.dmkt-sp.jp/search?prj_major_cate_cd%5B%5D=02&dscrning_cndtn%5B%5D=06&smt=1

●自治体や公的団体からの紹介
データ入力の仕事を見つけるためには、自治体や公的団体から紹介してもらうという方法もあります。自分が住んでいる自治体の内職求人情報サイトなどにアクセスすると、募集されている仕事の一覧を見ることができ、そこから応募したい会社に問い合わせ、仕事を受注することもできます。

ただし、サイトの中には求人情報があまり多くなく、、データ入力の仕事自体が含まれていないということもあるため、、他の方法と並行して行うのがおすすめです。

「データ入力のお仕事を始める前に気を付けたいこと」

データ入力の仕事を始めるにあたってはいくつかのポイントを押さえておかなければなりません。続いてはそのポイントについて確認していきましょう。

●お仕事の単価・報酬額を確認する
データ入力に限らず在宅ワークには案件によって単価・報酬額が異なるという特徴があるため、まずはその金額を確認するようにしましょう。特にデータ入力のような比較的作業が簡単な仕事は単価・報酬額があまり高くない傾向があり、その相場は1文字あたり約0.1~1円程度となっています。一方でリサーチ力が要求されるような若干の手間がかかる仕事ほど単価・報酬額は高い傾向があります

収入の目標額を高めに設定している場合は、多くの案件をこなすか、高単価の案件を選ぶ必要があるといえます。ただし、高単価な案件に関しては募集期間が短いこともあるため、できるだけ早い応募を心掛けるようにしましょう。

●お仕事内容を正確に把握する
仕事を受ける際にはその内容もしっかりと確認しなければなりません。特に業務内容を正確に把握できていないと依頼者の希望に合致したものを納品することができず、場合によっては報酬を満額で受け取れないことなどもあるため注意しなければなりません。また、報酬の支払日やノルマ、締め切りの有無、提出方法などは案件ごとに異なる条件が設定されるため、その都度確認し、スケジュール表などにまとめておくようにしましょう。

●ビジネス上のルールを守る
基本的なことではありますが、自宅で作業ができるとはいえ在宅ワークも仕事であることに変わりはないため、ビジネス上のルールは当然守らなければなりません。特に締め切りやノルマなどを守らないと依頼者に迷惑をかけるだけでなく、自身の信用も失い、継続して仕事を受けることも困難となりかねないため、しっかりと守るようにしましょう。

また、仕事で得た情報は依頼者にとって重要な情報であることが多いため、友人や家族も含め第三者には絶対に漏らさないようにし、作業終了後は責任をもって破棄するようにしましょう。

●税金に関する知識を身に付ける
データ入力に限らず在宅ワークを行う際には税金に関する知識を身につけておかなければならず、特に確定申告の方法を覚えておくことは必須となります。

データ入力を副業として行っている場合、確定申告においては本業の源泉徴収票が必要となるため、申告期間までに勤務先へ申請し、用意しておくようにしてください。また、データ入力の仕事を行う上で必要となった経費が分かる領収証などの資料も同様に用意しておくようにしましょう。申告書の作成においては、データ入力の収入を「事業所得」として記入し、同様に経費も所定箇所に記入します。源泉徴収票に関しては、個々の金額を申告書に転載するだけでなく、税務署に提出もしなければならないため、持参もしくは郵送により提出するようにしましょう。

データ入力のような副業の収入は年間で20万円を超えた場合に確定申告が必要となるため、その年の収入の合計は常に把握しておく必要があります。ただし、データ入力による報酬が事業所得ではなく、給与所得にあたる場合は収入額にかかわらず確定申告が必要になるため、自身の雇用形態などから所得の種類も確認しておくようにしましょう。

●詐欺サイトに注意する
副業に対する注目度が高まりつつある昨今ではそのことを悪用した詐欺サイトも多く登場しているため注意しなければなりませんデータ入力の仕事を依頼したにもかかわらず、納品を行っても報酬を支払わず、そのまま音信不通になるといった詐欺のケースも多く報告されており、ことさら注意しなければなりません。このような詐欺にあってしまうことを防ぐためには、できるだけ信頼できる知名度の高い会社が運営しているサイトで仕事を探すようにし、主観だけでなく第三者の口コミも参考にしながらサイトごとの評判を比較するのがおすすめです。

「スキマ時間に行う副業としてはデータ入力がおすすめ」

ここでは副業としても高い人気があり、専門的な知識やスキルも必要ないことから気軽に始めることもできるデータ入力の仕事に関し、その詳細や仕事の見つけ方、その仕事に従事する上での注意点について解説してきました。データ入力の仕事はスマホやパソコンさえあれば簡単に始めることができ、頑張った分だけ稼ぐことのできるお仕事です。

dジョブスマホワークでは、データ入力の他、自分の身近なことについて回答するアンケート形式のお仕事や、趣味や最近買った商品などについての口コミ作成などたくさんのお仕事を取り扱っています。ぜひ、dジョブスマホワークであなたにあったお仕事を探してみてくださいね。