CADとは?幅広い業界で活躍できるCADオペレーターの魅力

お役立ち記事一覧へ戻る

CADとは?幅広い業界で活躍できるCADオペレーターの魅力

CADとは、広義に解釈するとコンピューターを使って設計すること、かつコンピューターによる設計支援ツールそのものを指す場合の両方があります。近年CADには分野別にさまざまなモデルが用意され、機械・建築・土木・機械・半導体・服飾など多業種で活用されています。
CADとは、コンピューターを使って設計するソフトやコンピューターによる設計支援ツールといった意味があります。どちらも人が行う設計を支援してくれるツールです。最近ではCADにも分野別にさまざまなモデルが用意されるようになり、機械・建築・土木・機械・半導体・服飾など多業種で活用されています。

CADはメーカーや製造業の多くで欠かせないツールとなっており、CADオペレーターの資格があると就職や転職に有利なので注目されるようになりました。そこでここではCADとは何かといったことや、CADオペレーターのお仕事について解説していきます。ご興味のある方はぜひご一読ください。

このように製造業では欠かせない設計・製図を行うCADは、オペレーターの資格があると就職・転職に有利なので注目されています。ここではCADとは何か、またCADオペレーターについて解説します。

そもそもCADやCADオペレーターって何?

まずは基本的な知識をおさえておきましょう。CAD、またCADオペレーターとはいったい何なのでしょうか。

●CADとは?
CADとは「Computer Aided Design」の頭文字を取ったもので、冒頭でも説明したようにコンピューターを使って設計すること、または設計支援ツールのことです。CADは今や製図が必要とされる幅広い業種で使われており、ものづくりには欠かせないソフトウェア・システムとなっています。

これまでは主に構造物、輸送機器、電子部品などに用いられてきましたが、最近では服飾デザインや、配管、橋梁といった分野にも専門のCADが登場するようになりました。さらにカタログやパンフレットといった資料作成にもCADデータを使用するようになり、年々その重要は高まっています。

CADには2次元図面用の「2D CAD」と立体図面用の「3D CAD」がありますが、用途によって使い分けられています。特に「3D CAD」はハイエンドかミッドレンジかに種類分けされていて、ハイエンド用は自動車や航空機などの強い意匠が必要となる設計が主になります。
「3D CAD」は自動車や航空機などの設計をする時に用いられたり、家電製品や一般OA製品を設計する時に使われています。このように3D CADには高度な設計が必要となる製品に使われる場合と、身の回りの電化製品や生産設備といった性能や精度が重視される場合とでは、3D CAD自体のグレードが異なります。最上級のものから廉価なものまで、何を設計するかによっても違います。

●CADオペレーターとは?
CADオペレーターとは、CADを操作して設計図を調整、加工する仕事を指します。設計者と混同されがちですが、どちらかというと設計者をアシストして、設計者やデザイナーなどの指示に従ってCADを使い、図面の調整や仕上げを行う仕事が一般的です。

建築や機械、自動車、アパレルといった多くの分野で求められている仕事で、場合によっては3Dデータを起こして活用できる形にする場合もあります。最初は設計者が設計図(デザイナーの場合はデザインの元)を作りますが、プロジェクトの進行によっては設計変更が起こることもあり、図面を修正する作業も発生します。

設計者やデザイナーの指示で図面の変更や調整を行うので、高度な知識や技能を要求されることはないものの、製図や設計の知識を身につけるとキャリアアップを目指すことが可能になります。またアパレル業界などでは「パタンナー」がCADを利用しているケースもあります。

さっそくCADオペレーターの求人を探してみる!

CADオペレーターに向いている人

CADオペレーターは設計者のサポートを行い、指示に従って設計図の調整や修正、ブラッシュアップを行います。もちろん設計者の中にもCADを自ら扱ってある程度設計する人もいますが、大きなプロジェクトになればなるほど図面の書き換えを行う作業が増えるため、分担が必要です。それの作業を担うのがCADオペレーターです。

では、そんなCADオペレーターに向いているのはどんな人なのでしょうか。

●几帳面な人
設計者のサポートを行う仕事であり、実際は図面修正や調整に間違いがあると製品の欠陥につながります。それが原因となって不良品になる可能性もあるでしょう。また建造物の場合は、構造の問題点となり事故につながるおそれもあります。

CADオペレーターには設計者の考えた形を正確に、間違いなく図面に起こす・調整できる能力が必要です。つまり几帳面で、丁寧に仕事ができる人が向いている仕事です。

●集中力がある人
CADオペレーターはPCを使って作業をすることが多いので、長時間デスクに向かって仕事をするのが一般的です。そのため、長時間座ったまま地道にPCの作業をすることが苦にならない人が向いているといえるでしょう。

CADオペレーターは、コツコツと仕事を行うことが多いので、集中力を持続させることが課題になります。細かい作業が好きで、かつ集中力が持続する方なら向いているでしょう。

●ものづくりが好きな人
CADオペレーターは、建築・機械といった「ものづくり」の現場で活躍することが多い仕事です。もちろん服飾デザインや家電といった身近な製品を製造する現場でも仕事をします。そのどちらでも図面に対して興味を持てるかどうかで、仕事の楽しさが違ってくるでしょう。

自分がサポートする図面に対して理解が深まると、自然とキャリアアップの時に役立つ可能性が出てきます。自分で調整や修正した図面が製品化されて、世の中で生かされていくことにやりがいを感じる人が向いている仕事です。製造ラインの一つではありますが、多くの製品の根本に携わることができるので「ものづくり」が好きな人に向いています。

さっそくCADオペレーターの求人を探してみる!

CADオペレーターになる方法

CADオペレーターになるには、スクールに通う以外にもオンラインスクールや書籍で独学するなど、いろいろな方法があります。未経験やアルバイトでも始められるのかどうか、確認してみましょう。

●CADオペレーターのスクールに通う
CADオペレーターになるための、CADオペレーター専門のスクールがあります。また、大学でもコースや学部によって選ぶことが可能です。

実はCADには国家資格が存在しないので、独学でもCADオペレーターとして働くことが可能です。しかし、国家資格が存在しないからこそ正しい基礎技術を身につけておくことが大切です。そのためにも専門スクールや大学で技術を学んだほうが良いでしょう。

一般的には専門スクールで学ぶ人が多く、そういった学校には多種多様なコース設定がされています。また製図やCADに特化した小規模専門スクールもあります。
中には4年制で、卒業すると大学院を受けることが可能になる「高度専門士」の学位が授与できるところもあります。これらのスクールではCAD利用技術者試験や3次元CAD利用技術者試験などCADの資格を習得することができます。もちろん、資格所有者は就職活動を有利に進められるメリットがあります。

●アルバイト・派遣社員から始める
CADオペレーターの仕事を、未経験のままアルバイトや派遣社員から始める人もいます。これは、CAD未経験者でも会社が研修をしてくれる、派遣元会社が研修をしてスキルをつけてくれるというケースがあるからです。

未経験でも比較的早いうちから現場で実作業をできるというメリットはありますが、将来設計を考えてスキルアップしたい方は、就職先を慎重に選んでいくことをお勧めします。

●在宅やフリーランスでの募集もある
過去にCADオペレーターの経験がある、現在スクールで資格を習得中である、という人なら在宅でも仕事をすることが可能です。その場合は、個人のPCにCADソフトをインストールしておく必要があります。

ただし、こういったケースでは実績がないと採用されないこともあるので、在宅やフリーランスの仕事は経験者でないと難しいでしょう。またクライアントとは常に良好なコミュニケーションを取る必要がありますし、ある程度のスキルやスピードを要求されることもあります。
全て自分で交渉しなければならないので、実績を得てから独立するほうが仕事は見つかりやすいでしょう。

さっそくCADオペレーターの求人を探してみる!

「ものづくり」を支える縁の下の力持ち、CADオペレーター

CADとは何か、そしてCADオペレーターの仕事や求められる資質について解説しました。通常CADオペレーターは設計者やデザイナーの影に隠れてしまうことが多いのですが、現実的には彼らを支える“縁の下の力持ち”です。今やCADオペレーターなくして、世の中のさまざまな製品や設計は成り立ちません。

もし自分の資質や性格がCADオペレーターに向いていると思った方は、ぜひ一度検討してみてください。「ものづくり」の現場で活躍したいと思っている方にとって、CADは夢を叶えるための近道かもしれません。

【幅広い業界で活躍できる!】
スキルや知識を習得!「CADオペレーター」の求人

詳しくはこちらから

【ものづくりが好きな方におすすめ!】
未経験者大歓迎!「製造・設備・建築・土木」の求人

詳しくはこちらから

【あなたのセンスを活かして!】
DTPオペレーター・WEBデザイナーなど「デザイン・クリエイティブ」の求人

詳しくはこちらから