産休と育休の違いとは?給付金がもらえる人の条件と支払い日の目安

お役立ち記事一覧へ戻る

産休と育休の違いとは?給付金がもらえる人の条件と支払い日の目安

仕事をしながら出産・育児をされる方の中には、産休と育休の両方を取得される方もいます。しかし産休と育休の違いについて、なんとなく知っているけどしっかり説明できないというケースは意外と多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは産休と育休の違いや手続き、給付金の受け取り方や条件、タイミングについてご紹介します。また産休と育休を取得するときに気をつけたいポイントについても解説しますので、これから取得しようと考えている方はぜひ参考にしてください。

産休と育休の違いは?

産休と育休には違いがあります。産休は女性だけが取得できるものですが、育休は男女とも取得できるので、どちらも給付金を取得することができます。

●産休とは?
産休は出産の準備期間(産前休業)と産後に回復する期間(産後休業)を合わせた休暇をいいます。休むことができるのは、出産予定日の6週間前から出産後8週間までです。そのうち産前休業は任意で取得できるようになっています。産前休業に入る場合は、出産予定日の6週間前から開始日を自由に決めることが可能です。

一方で、産後8週間の休みは法律で決められているものです。しかし産後6週間経過した時点で医師が認めた場合は、職場復帰を早めることが可能です。また産前とは異なり、会社への申し出は必要ありません。

●育休とは?
育休は産後休業が終わった翌日から子どもが1歳の誕生日を迎えるまでの、希望する期間を休むことができる制度をいいます。こちらは男女とも取得することが可能で、男性は配偶者の出産日から子どもが1歳になるまでが育休期間とされています。育児休業を開始する場合は、予定日の1か月前までに申請することが法律で決められています。

また職場復帰が難しい理由がある場合には、最大で2年まで延長できるようになっています。子どもが1歳になったときに、保育所に入所できないといったケースでは、1年6か月まで延長することができます。さらに子どもが1歳6か月になったときに保育所に入所できないなら、2歳になるまで育休を延長することが可能です。これ以外に延長が認められる理由としては、子どもを養う配偶者がやむを得ない事情で養育できないといったものがあります。

育児休業制度の期間は、原則的には子どもが1歳になるまでと定められています。男女従業員の大半はその期間に育児をして、復職するために保育園等の入園準備をしますが、中には保育園入園できないという方もいます。このような、保育園に入れないというケース、いわゆる待機児童問題が後を絶たないことから、育児休業制度が改正されるようになりました。

●産休と育休合わせて最大どのくらい休みを取得できる?
平成29年度法改正により、最長2年間の育児休業が可能になりました。産休と育休合わせて最大2年3か月程度の休みをとることができます。ただし、出産予定日と実際の出産日に差ができる場合もあり、人によって取得できる期間は短くなったり、長くなったりします。

さっそく産休・育休が取得しやすい求人を探す!

給付金がもらえる条件やタイミングは?

育休を取得する場合、給付金がもらえる条件やタイミングはどんなときなのでしょうか。育休中にもらえる給付金は「育児休業給付金」と呼ばれ、受給には一定の条件があります。

●育児休業給付金がもらえる条件とタイミング
育休は一定の就労条件を満たしていないと取得できません。同一の会社で1年以上働いている(申し出をした時点※)ことや、子どもの1歳の誕生日以降も同じ会社で働き続ける予定でいること、子どもが2歳の誕生日の前々日までに雇用の契約期間が終了しており、かつ契約更新になる見込みの人が対象です。

・給付を受けるタイミング
育児休業給付金を受けるタイミングは出産から4か月後の時点で、育休取得から約2か月程度で支給されます。一般的には2か月ごとに支払われ、希望すれば1か月に一度申請することができます。

●出産手当金がもらえる条件とタイミング
・受給条件
出産手当金は出産のために勤務先を休んだときに受け取れるお金です。受給条件は、健康保険に加入していること、産休中に給与の支払いがないことです。

・給付を受けるタイミング
出産手当金は、産前42日から産後56日までの間の欠勤1日につき、給料の3分の2相当額が支払われるものです。一般的には、出産日の2か月後から4か月後に支払われるようになっています。希望すれば、産前・産後に分けて受け取ることも可能です。ただし、受給日を分けたい場合は申請が2回必要になるのでご注意ください。

さっそく産休・育休が取得しやすい求人を探す!

産休、育休を取得する際に気をつけたいポイント

産休、育休を取得する予定がある方は、以下のことに気をつけて取得するようにしましょう。

●お仕事の引き継ぎをきちんと行う
産休や育休をとるときは、今まで働いてきた職場に欠員を出すことになります。それまで自分がやっていた仕事は誰かが代わりに行うことになるのです。産休・育休をとるときは後任者にしっかり仕事を引き継ぎましょう。今まで行ってきた仕事をしっかり引き継いで、お休み期間中にも円滑に業務がまわるようにしましょう。

また「育休が終わった後には職場復帰するんだ」という意識を持って休暇に入るようにしましょう。これは、人によっては1~2年という長い期間を休むことで、仕事の感覚を忘れてしまうことがあるからです。

さらに、育休は誰でも取得できるわけではないことにも注意しましょう。就労状況によっては取得できないことがあるということも事前によく調べておいてください。転職などで就労日が不足している場合は取得が難しいこともあるので、ご自身の状況をしっかりと確認しましょう。

●会社への連絡を怠らない
休暇に入ったからといって、会社に出産報告を怠るようなことはやめましょう。出産の報告や復帰の目途を普段から報告しておけば、会社も復帰のタイミングを計りやすくなります。会社は、社員が産休・育休をとっている間に人的リソースの調整をしているはずです。連絡を怠らず、状況を共有しておくことで会社側も復帰 したときの受け入れ準備を整えられるのです。

会社側の受け入れ準備が整っていることで、産休や育休を取得した後に会社へ復帰するモチベーションを維持することにもつながります。しっかり連絡をとることが、スムーズな復帰につながるのです。

さっそく産休・育休が取得しやすい求人を探す!

産休・育休を上手に取得して、育児とスムーズな復職に役立てよう

このコラムでは産休と育休の違いや、給付金について解説していきました。必要な休暇をきちんと取得して出産や育児に集中することが、職場へスムーズに復帰するためにも役立ちます。給付金についても正しい知識をつけておけば、生活への不安も軽減することができるでしょう。出産の予定がある方は、自分は産休・育休をとることができる就労状況にあるか、きちんと調べておきたいですね。

【主婦・ママが活躍!】
産休・育休が取得しやすい求人を探す!

詳しくはこちらから

【働く女性を応援!】
イキイキ働ける!「主婦・ママ歓迎」の求人

詳しくはこちらから

【キレイになるついでにプチ稼ぎ♪】
空いた時間でOK!「美容モニター」の求人

詳しくはこちらから