業務委託とは?労働者派遣との違いと働く前に知っておきたいポイント

お役立ち記事一覧へ戻る

業務委託とは?労働者派遣との違いと働く前に知っておきたいポイント

政府による「働き方改革」の推進やライフスタイルの多様化によって、現代社会ではさまざまな働き方が可能になってきています。デジタルの普及やクラウドソーシングの広がりも後押しし、かつては専門職のものというイメージであったフリーランスという働き方も身近になってきました。「業務委託」という形を取るフリーランスは働く場所や時間にとらわれないことが多いため、在宅ワークを希望している人にとって魅力的な働き方のひとつです。しかしメリットだけでなくデメリットもあるので、業務委託とは何かしっかり理解したうえで自分らしい働き方を見つけましょう。

業務委託ってどんな働き方?

ライフスタイルの変化や自分らしい働き方を考えたとき、働く時間や場所を自分自身でコントロールできる業務委託は大きな選択肢となるでしょう。見渡せば周囲にもそんな働き方の人が増えてきているのではないでしょうか。しかしその契約の種類や派遣社員との違いなど、よくわからないことが多いかもしれません。そこでまず業務委託契約の2つの形態と、派遣社員との違いについて解説します。

●業務委託とは?
業務委託はフリーランスで働く人に多い契約形態のひとつで、企業やクライアントと雇用関係を持たずに仕事の依頼を受ける働き方です。仕事の内容・納期・報酬などを記載した業務委託契約を依頼者と取り交わし、その契約に基づいて仕事を行いますが、雇用関係がないため、お互いの立場は対等となります。同じ業務委託でも仕事の内容により契約の種類は請負契約と委任契約に分かれ、契約や仕事の内容も責任が問われるケースも異なります。

●請負契約
簡単に言うと「この仕事をこの条件でいつまでにやってください」というオーダーを受けて仕事がスタートし、完成したら成果物を納品し報酬を受け取る、というものです。

作業をどんな場所でいつ行うかは、契約時に指定がない限りは自由であることが多く、在宅ワークに向いている契約方法です。

職種としてはプログラマーやWebデザイナー、イラストレーターなど、IT系やクリエイター系の仕事が多くなっています。しかし最近ではそのような専門職でなくとも、クラウドソーシングによって仕事の種類が増え、簡単な作業などの業務も増えてきました。

仕事の仕方としての自由度は高いのですが、成果物の「納品」が約束ですので、納品できなかった場合は報酬が支払われません。

また、納品したとしてもクオリティが低い場合や不具合がある場合には責任を問われることがあります。

●委任契約
成果物の納品ではなく、その業務(法律行為)を行うことで報酬を受け取る弁護士、会計士、税理士などが該当します。法律行為以外の業務を行う場合は「準委任契約」となり、塾講師、コンサルタントなどはこれに該当します。

納品する成果物がないため、その完成度や不具合と言ったものに対する責任を負うことはありませんが、約束していた業務を適切に遂行していないと判断された場合は、その責任を負うことがあります。

●業務委託と労働者派遣の違い
労働者派遣も働く期間や時間の選択肢が多いという点では業務委託と似ているように思えますが、契約内容や指揮命令関係などに大きな違いがあります。

派遣で働く場合派遣会社と雇用契約を結び、仕事の指揮命令権は派遣先にあるのが特徴です。また雇用関係があるため、労働基準法が適用されます。

それに対して業務委託の場合は雇用関係や指揮命令関係は発生せず、契約内容に沿って自分でやり方を決めて業務を進めていくことになります。

委託を受けた本人に裁量がゆだねられているため働き方の自由度が高くなりますが、労働基準法は適用されません。

業務委託のメリットとデメリットとは?

さまざまな働き方のなかで業務委託を選択する場合、そのメリットとデメリットはどんなものが考えられるでしょうか。どんな働き方にもメリット・デメリットはあるので、それぞれを知り、そのうえで自分にとって何が魅力的なことなのか、デメリットがあったとしてもそれを選択すべきメリットがあるのかといったことを選択するとよいでしょう。考え方は人それぞれ。業務委託で仕事をするかどうかの判断基準の参考にしてみてください。

●業務委託のメリット
指定された業務を委託によって実施する業務委託。契約にない仕事はする必要がなく、自分の得意な分野の経験や技術を活かして働くことができます。さらに高い技術があれば高収入も期待でき、やりがいも大きくなります。

また雇用契約を結ばないため、指揮命令関係が発生せず依頼主と受託者が同等の立場で仕事をすることができます。

仕事の内容によっては働く場所や時間も自分で決められるため、対人関係のストレスも少なく、ライフスタイルに合わせた働き方をすることが可能です。技術を活かしフリーランスとして在宅ワークを希望している人にはとても向いている働き方です。

●業務委託のデメリット
労働基準法の適用外であり、労働時間が長時間になるなどしても法によって守ってもらうことができません。また個人事業主として確定申告書の作成や健康保険の加入手続き、保険料の支払い、税金などの手続きはすべて自分で行う必要があります。技術によっては高収入も期待できる反面、契約は一案件ごとのため、安定した収入を得るには努力が必要です。

業務委託契約を結ぶ前に押さえておきたいポイントは?

業務委託は依頼主と対等な立場とはいえ、仕事を依頼する側と受ける側であるため、言いたいことが言えないという状況になることもあるかもしれません。特に注意しなければならないのが「口約束」です。

相手に悪気はなくても、契約を後回しにして仕事を始めてしまうとトラブルになることも考えられるので、必ず次のポイントを押さえた業務委託契約を結んでからスタートするようにしましょう。

●契約内容について事前に確認する
曖昧なところがないように、確認と相談をしながら決定していきます。業務内容、納期、納品物の形態、報酬、支払日は最初に押さえておきたいところです。自分のスキルに合っているか、納期に無理はないかも重要なポイントです。

納期を守れないと信用を大きく損ないますので、冷静に判断しましょう。報酬のなかにはその仕事を行うためにかかるコストが含まれているのかどうかなども忘れずに確認しましょう。

●偽装請負に注意する
本来は派遣契約であるべきところを業務委託契約であるとする、偽装請負というケースが問題になっています。業務委託契約を交わしているにも関わらず、仕事の進め方に指示命令があるなど実際は労働者派遣の形になっているというものです。

これは派遣契約の場合は労働時間や突然の解雇などに規制があるのに対して業務委託は労働基準法の適用外であるため、その責任を逃れようとする違法行為なので十分注意してください。

業務委託を正しく理解して自分に合った働き方を!

自分らしい働き方、スキルを活かした働き方、ライフスタイルに合った働き方。それらを実現しようとしたとき、業務委託という働き方はとても魅力的であるといえます。収入優先ではなく自分のペースで働くことも、実力を付けて高収入を狙うことも可能です。社会的な流れから見ても政府や企業がクラウドソーシングに力を入れ始めているので、今後は今よりもっと多くの仕事が業務委託によって発生することが期待できます。契約や責任の有無など業務委託という働き方を正しく理解して自分らしい働き方を見つけましょう。